【約30社調査】火災保険申請サポート会社間の違いを大公開!

各社、いい点も悪い点もあるため、誤解が発生しないようにあえて会社名は伏せていただきます。リペマは、お客様1人1人の『状況・希望』などをふまえ最適な火災保険申請サポート会社様を無料でご紹介いたします。

火災保険申請サポート会社の種類

  1. リフォーム・修繕必須ではない、調査前に契約が必須な会社
  2. リフォーム・修繕必須ではない、調査後に契約可能な会社
  3. リフォーム・修繕必須の会社(手数料は無し)
  4. リフォーム・修繕必須かつ、手数料も発生する
こんな人にお勧め サポート会社① サポート会社② サポート会社③ サポート会社④
安心して依頼したい!
申請前に、見積もり金額を知りたい!
×
何かあった際に、しっかりしたサポートを受けたい! ×
見積もり金額をとって、比較したい! ×
手元に残る金額を増やしたい! ×

様々な形態の申請サポート会社がありますが、大まかに分けてこれら4つになります。

リフォーム・修繕必須でない、調査前に契約が必要な会社

  • 手数料:35%
  • リフォーム、修繕:必須でない
  • 安心して依頼したい、見積もり金額を申請前にしっかりと把握したい、多くの金額を手元に残したい方にお勧め!

リフォーム・修繕必須でない、調査後に契約可能な会社

  • 手数料:20%
  • リフォーム、修繕:必須でない
  • 様々な業者と相見積もりを取りたい方にお勧め!

保険申請の場合、相見積もりはあまり意味がない?

給付金を申請する際に「いろいろなところと比較して決めたい」など、相見積もりを取りたい方も多いと思います。これは選択肢の1つとしてはありですが、相見積もりをとっても意味がないのではないか?というのが私たちの意見です。

給付金申請の場合は、より手元に多く給付金を残すのがポイントとなります。高い値段を探すのが目的となり、見積もりを取る段階では、いくらでも見積もり金額は高くできるので、サポート業者を選ぶ場合は、相見積もりを取る必要があまりありません。

リフォーム・修繕必須の会社(手数料は無し)

  • 手数料:30~35%(手数料は相場に合わせて、自分の感覚で書いています)
  • リフォーム、修繕:必須

リフォーム・修繕必須かつ、手数料も発生する会社

  • 手数料:30~35%(手数料は相場に合わせて、自分の感覚で書いています)
  • リフォーム、修繕:必須

火災保険申請サポート会社の手数料相場

火災保険申請サポート手数料比較

火災保険申請サポートの手数料の相場は、約38.5%〜44%と言われています。

手数料が高い会社が主張しがちな理由

  • 一級建築士(他にも、プロなど)が見積書作成をするから、手数料が高い
  • 初回は55%ですが、2回目以降は40%で安くなるのでお得ですよ
  • 他社よりも認定金額が高くなるからお得
  • 他者と違って全部こちらが作業するから

一級建築士が見積書作るからですよ

「一級建築士が、見積もりから申請まで、全部やってるので、給付金の申請が認められやすい!」などという言葉をよく見かけますが、事実あまり差がありません。一級建築士は、「建築のプロ」であって、申請のプロではありません。一級建築士が申請が上手なわけではありません。

申請には「申請のプロ」がしっかりといて、そのような企業は、手数料が相場からあまりずれてはいません。

初回は55%ですが、2回目以降は40%など安くなるのでお得

初回は55%、2回目以降は40%、これはお得に見えますよね。何度も申請をするのであれば、お得かもしれません。

しかし、実際に何度も申請するものでしょうか?何回も、何十回も火災保険の申請はするものだと思いますか?もしも、何度も申請するのであれば、それはもう溜まったものではないですよね。

実際に、火災保険は何度も申請することはないでしょう。人生において、3回申請したら多い方だと思います。

そうなった場合

  • 初回は55%、2回目以降は40%の業者様
  • 一律33%の企業

どちらの方がお得かは、わかりますよね。

リペマでは、回数に関係なくいつでも一律33%の手数料となっております。

他社より認定金額高くなるのでお得ですよ

「認定金額が高くなるから、手数料が相場の企業よりも残るよ」とよく聞きますが、認定金額はサポート業社が決めるところではありません。最終的に、認定金額を決めるのは保険会社です。提示される見積もり金額が大きかったとしても、実際にそれを判断するのは保険会社であって、彼らもプロです。相場よりも遥かに高い見積もりの場合は、保険会社もその見積書に疑いを持ち、結果として認定金額がかなり減額されることがほとんどです。

認定金額が減額されると、最終的には損をすることがほとんどなので、注意してください。

他社と違って全部こちらが作業するからですよ

「業者が全部やってくれるなら、何もやらなくていいのか!」と思い、確かに楽になると思います。ですが、全て業者が作業するのは、法律上できないことになっています。

給付金の申請であったり、申請書のポスト投函、認定金額が少なかった場合の異議申し立てなど、火災保険の申請はお客様がやらなければならないこともあります。これは代行などに依頼をすることも禁止されているため、どうしても申請者にやっていただく必要があります。これらを「代行します」という業者は、法律的にも危ないところがあるので、気をつけましょう。

申請サポートを依頼する際に「契約者本人じゃないとできないこともやってくれるんですか?」と聞いて「全て引き受けますよ!」と笑顔で回答したサポート業者に関しては、私たちとしても、お客様に損や被害を負ってほしくないので、お勧めしません。

「お客様自身でやっていただくところは、請け負ってません」と言われた場合は、説明が不十分なだけで、リペマのようなサポート携帯となっている場合がほとんどです。

火災保険申請サポート業者を選ぶポイント

  • 手数料
  • 実績(平均給付金ではなく、調査実績数)
  • 何かトラブルがあったときに解決サポートできる弁護士などがついているのか
  • 土日祝日対応可能か
  • 同じエリア(関東、関西など)の会社かどうか

業者を選ぶ際には手数料が相場に近いもので、調査実績数の多い業者を選ぶが大前提として大事です。手数料が相場より離れていると、調査費用は必ずかかる場合や、結果として受け取れる保険料が減額する可能性があります。平均給付金ではなく調査費用を見るようにしましょう。

また、その他にも弁護士をつけている業者や、土日祝日も対応可能な業者の方が安心して依頼できますよね。弁護士がいることによって、お客様も我々サポート業社も安心して対応させていただくことができます。また、災害はいつ発生するかがわからないので、土日祝日も対応できる業者を選ぶことをお勧めします。

こんなサポート会社は避けるべき

  • 手数料が他社よりも明らかに高い
  • 手数料がホームページなどに記載されていない会社(こういう会社ほど、手数料が高い傾向にありました)
  • 平均給付金額がやたら高い割に証拠となる根拠が明記されていない
  • 被害の有無に関わらずお金(費用)がかかる会社
  • 契約書がない会社(お客様用の契約書を渡さない会社)
  • 「とにかく調査させてくれ」と押し切ってくる会社

手数料が明らかに高い会社の場合、「認定金額が他より高い」など、様々な理由と一緒に手数料が高い場合がほとんどですが、実際のところは認定金額もあまり大差がないのが現状です。その場合手数料が高いので結果として、お客様の手元に残る金額が減ってしまいます。手数料は相場に近く、しっかりと明記されているサポート業者を選びましょう。

また、平均給付金が高い割に根拠が書かれていない場合は給付金自体に虚偽の記載がある可能性も考えられます。その他にも契約書がない会社、お客様用に契約書を渡さない会社、とにかく調査を押し切る会社は、その後金銭的トラブルや、法的なトラブルに巻き込まれる可能性があるので、他のサポート業者を選ぶ事をお勧めします。

>>申請サポートによくある詐欺・トラブルの詳細はこちら

業者選びで迷ったお客様からよくある質問

Q.実績豊富な会社がおすすめですか?

A.実績豊富なサポート業社はやはりお勧めです。ただ、よく広告に掲載されている実績数は「本当に自社で行った案件なのか、下請けの実績も入れていないか」うあ「そもそも数値自体本当なのか」を把握するべきでしょう。リペマの、全提携先会社を合わせたら、年間実績は1万件を超えてしまいます…(笑)

Q.火災保険の平均給付金額が高い会社がおすすめですか?

A.これは、正直重要ではないと思っています。理由としては、時期や数値の算出方法によって、平均給付金はいくらでも書き換えが可能です。大型台風やなどの大災害があると、金額は上がりますし、築年数を制限すれば高くるし、マンションなどの大型物件を取り扱っていると、高くなります。例えば、平均給付金を100万円とすると、以下のグラフは全て平均給付金は100万円になります。②のように、全世帯が100万円降りることを想像してませんか?リペマも、通常の一軒家だけに絞っても、約20〜500万などの差分があります。なので、自分の状況と希望にあった調査会社を選ぶ事をお勧めします。

火災保険申請サポート業者の平均給付金の例 火災保険申請サポート業者の平均給付金の例

>>リペマの火災保険給付金実績はこちら

火災保険申請サポート会社間の違いについてのまとめ

様々な観点から、サポート業社様を比較しましたが、最適なサポート業社を見つける手助けにはなったでしょうか?リペマは手数料は業界最安クラスの33%で、様々な工務店さんの比較もしているため、お客様に一人一人にあった工務店を提案することができます。また、何かあった際のトラブル解決は、リペマは第3者の立場だからこそ、サポートできますし、顧問弁護士もついておりますので、安心して、より多くの給付金をお客様の手元に残すことができる環境を整えております。公式ラインやメールでもご相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください!