火災保険申請サポート・地震保険申請サポート | 一括比較のリペマ

火災保険申請
こんな不安はありませんか?

悩み1

どこに頼めばいいか
分からない!

悩み2

手数料について
分かりにくい...

悩み3

トラブルが起きた時は
どう対処したら良いの?

リペマの一括比較
で解決できます!

# #

火災保険申請サポート業者を
比較して選べる業界唯一
コンシェルジュサービスです。

『完全成果報酬型』なので、
給付金を受け取れたとき以外
ご料金は発生しません!

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー ウエンツ瑛士

火災保険申請サポートとは

  • 特徴 01

    事業者の一括比較
     

    火災保険申請サポート事業者の一括比較

    事業者を一括比較し、お客様に合った 事業者を、ご提案させていただきます。一括比較を任せられる唯一のサービスです。

  • 特徴 02

    紹介する会社は全て
    手数料33%(税込)で対応

    紹介する会社は全て手数料33%(税込)で対応

    キャンペーン利率適用で、紹介する会社は全て33%(税込)で対応。
    業界の手数が33%~55%(税込)が多い中、紹介する会社の手数料を統一することで、お客様に最適な会社を公平に判断することを可能にしています。

  • 特徴 03

    完全成果報酬型
     

    完全成果報酬型

    給付金が受け取れた場合のみ、33%(税込)を手数料として頂いています。
    調査をしたが申請箇所がない時、申請したが認められなかった時など給付金が受け取れなかった場合、費用は一切かかりません。

その他の特徴
  • 特徴 04

    調査に来るのは
    実績のあるプロ

    現在、依頼した会社とは別の業務委託の会社(個人)が来るという事例も増えています。リペマでは、実際に申請経験が豊富なパートナーのみ比較後に紹介し、特徴などを開示した上でお選びいただけます。

  • 特徴 05

    面倒な作業はほぼ
    丸投げでOK

    申請は誰でもできますが、申請可能箇所の発見や、提出資料の品質で、給付金額が大きく変わる可能性がありますので、リペマではお客様に最適な事業者がサポート致します。
    ※業者の比較機能あり

  • 特徴 06

    弁護士との提携

    トラブルが多いと耳にし、不安が大きいからこそ、リペマでは弁護士と提携し、万が一お客様と調査会社間などでトラブルが合った際にも、解決のサポートが行えるような体制を整えています。もちろん、今までトラブルは発生しておりません。

普通の
サポート業者

サポート業者の
一括比較

とても良い※業者比較可能
悪い
※業者比較
できない

ノウハウ

とても良い※提携業者の
ノウハウが集約
普通 ~ 良い
※業者による

サポート範囲

良い※最後の給付まで
サポート
普通 ~ 良い
※業者による

修繕
リフォーム

良い※選べる
普通
※業者による

手数料

普通※33% 
(税込)
悪い ~ 普通
※業者による
(38.5~55%税込が多い)

平均
給付金額・
給付率

普通 ~ 悪い※最適な
事業者依頼で
良い結果にコミット
悪い ~ 普通
※業者ごとに
異なり
真実が
分かりにくい

地震保険申請
対応

良い※実績多数の
会社を紹介
普通 ~ 良い
※業者による

※2021.4調査時点

  • 給付金額 2,372,876円

    給付金額 2,372,876円

  • 1,696,118円

    1,696,118円

  • 1,052,160円

    1,052,160円

手数料最安クラスで
申請をしたい方はこちら

火災保険申請サポート-リペマ独自調査ランキング

よくある被災箇所の事例数ランキング

  • 1位 屋根

    1位  屋根

  • 2位 外壁

    2位  外壁

  • 3位 雨どい

    3位  雨どい

※リペマ独自アンケート(N363)

よくあるトラブルランキング

  • よくあるトラブルランキング1位突然の電話、訪問による強引な契約

    1位 突然の電話、
    訪問による強引な契約

  • よくあるトラブルランキング2位手数料の説明不足

    2位手数料の説明不足

  • よくあるトラブルランキング3位うその理由で請求

    3位うその理由で請求

※保険金詐欺にご注意ください

火災保険申請サポート業者は、
慎重に比較検討しましょう

いい加減なサポート業者が
年々増えています。
全国の消費生活センターは、「2017年度は2008年度に比べて、
住宅修理サービスの相談件数が30倍以上に増加している」と
公表しています。

ここは要注意!

  • 平均給付金額、給付率ばかりアピールしている業者

  • 契約内容や手数料、違約金の説明が不十分な業者

  • 給付金の受け取り前に、リフォームまでの契約を結ぼうとする業者

※出典情報:独立行政法人国民センター「報道資料」

会社選びで困っている方
はこちら

火災保険の基本的な特徴
  • その1
    火災以外の災害も適応

    その1火災以外の災害も適応

    火災保険は、火災以外にも「台風・雪・雨・雷」といった自然災害に加え、「車の衝突・盗難」など多くの被害に対応している保険です。
    素人では気づかないような、破損やケースでも対象になる可能性が非常に大きいのです。

  • その2
    何回申請しても保険料は上がらない

    その2何回申請しても保険料は上がらない

    火災保険は何度申請しても、保険料が上がることはありません。

    自動車保険のような等級がないので、新たな被災箇所であれば、何度でも申請可能です。

  • その3
    火災保険の請求期限は3年

    その3火災保険の請求期限は3年

    火災保険の申請は、被災後3年以内であれば申請することが可能です。

    後回しにし、うっかり給付金をもらい損ねることがないように注意しましょう。

  • その4
    給付金の使い道は自由

    その4給付金の使い道は自由

    火災保険でおりた給付金は、自由に使う事ができます。非課税のため、確定申告も必要ありません。

火災保険に関するアンケート
  • 7~9割が
    火災保険申請を
    したことがない※1

    約7~9割が火災保険申請をしたことがない

    火災保険加入者の多くは払い損をしている状態です。自然災害の増加もあり、ご自身では保険適応外だと思っていた箇所が、
    実は保険適応内という事例も多いです。

    ※1.インターネット独自アンケート(N300)

  • サポート業者の増加もあり
    トラブル相談件数が
    10年前の約24※2

    トラブル相談件数増加グラフ

    火災保険・地震保険申請のトラブル相談が2010年度の約24倍に膨れ上がっています。

    主な原因は、サポート業者が増加している一方で、業者比較できず、どこが優良業者なのか不明瞭だからではないかと想定されます。

    リペマは一括比較し、あなたにあった事業者を紹介します。

    ※2.2020年4月30日までのPIO-NET登録分
    (消費生活センター等からの経由相談は含まず)

  • 火災保険料は年々
    値上げされ、
    地域によっては10~30%近い値上げも※3

    火災保険料は年々値上げされ、地域によっては10~30%近い値上げも

    2021年1月から、損害保険の大手4社が、住宅向け火災保険料を全国平均で6〜8%ほど引き上げるという方針を固めています。

    地域によっては、自然災害の増加の影響もあり、30%近く値上がりする可能性のあるエリアもあります。

    ※3.損害保険会社大手4社抜粋

※これ以外にも申請できる箇所は御座います

ご自身では実感していない箇所が、
専門家が見ると多く発見されます。

全国の事業者を
一括比較対応中!

  • 01

    LINE@、メール、お好きな方法でお問い合わせください。所要時間はどちらも2分程度です。

  • 02

    スタッフよりご連絡いたします。

    まずは、サービス説明や、不安点などへの回答をさせて頂きますので、何でもご相談ください。

  • 03

    事業者を一括比較し、数社ご提案いたします。スタッフと相談しながら、最適な1社をお選びください。

    その後、ご契約書をお送りします。ご契約完了後に、物件の調査日を決定いたします。

  • 04

    ご依頼物件の被災箇所を調査させて頂きます。

    所要時間は1時間程です。

  • 05

    見積書・報告書などを作成いたします。申請書類取り寄せ・簡単な記入のみ、お客様に行って頂きます。

    そちらと一緒に保険会社へご提出ください。

  • 06

    申請後に、保険会社から質問が来た場合は別途説明などの対応を行います。

    ケースにより対応方法は異なります。

  • 07

    最短2週間程度で保険会社から連絡が入り、給付金がお客様指定の銀行口座にご入金されます。

    給付金を受け取れた場合のみ、総額の33%~(税込)を頂戴し、終了となります。

Q

本当に完全成果報酬で、調査費用などは別途かかりませんか?

A

はい!完全成果報酬です。
手数料33%(税込)の中に全て含まれており、「調査したが申請できる箇所がない・申請したが給付金が下りなかった」場合、費用は一切かかりません。

違約金などが別途発生したケースは一度もございません!

Q

手数料はリペマと調査会社に二重でかかりますか?

A

いいえ、かかりません!
お客様にかかるのは、給付金がおりたときのみ、全て含めて33%(税込)だけですので、ご安心下さい。

Q

地震の被害(ひび割れetc)も調査できますか?

A

もちろん可能です!

地震保険申請の実績も多数ある会社をご紹介させていただきます。

2021年2月に東北エリアを中心に発生した地震の影響があるお客様は、地震被害の調査もおすすめします。(関東エリアも同様です。)

基礎部分など様々な箇所の被害を調査致します。

手数料は火災保険申請と同じですのでご安心ください。

Q

サポート業者の比較方法や、選び方が分かりません。

A

リペマが、業者比較から選択まで全てサポートいたします。
複数社ご提案致しますので、リペマスタッフと相談して1社お選びください。

Q

業者比較するメリットは何ですか?

A

業者によって、サポート範囲や得意とする箇所(屋根、外壁など)が異なるため、給付金が変わる可能性があります。

そのため、比較し自分に合った業者選択をすることが重要となります。

Q

保険金の申請について、良くない噂も耳にするので心配です。

A

中には、手数料が50%を超えたり、強引な契約をしてくる業者も存在します。

一概に悪いとは言えませんが、リペマではお客様の不安を解消し、最適な事業者が申請サポートできるように、一括比較を行っていますので、ご安心ください。

Q

調査とは具体的に何をしますか?時間はどのくらいかかりますか?

A

物件全体を約1時間かけて調査します

物件の被災箇所の状況把握、写真撮影、ヒアリング等を行います。

調査時間は、被災箇所の範囲や物件の規模によって多少異なります。

Q

大きな被災箇所はないのに、保険申請をするのは問題ないのですか?

A

全く問題ございません。

保険申請をするのは保険加入者様の正当な権利です。被災箇所は、素人には判断できないことも多いです。 気になる箇所があったり相談したい方は、一度ご相談ください。

Q

火災保険の申請は何度も行えますか?

A

何度でも行えます。

火災保険は、被災にあう度に使用することが可能です。ただし、過去に申請した箇所を修繕せずに繰り返し申請することは出来ません。

Q

保険がおりた場合、今後の保険料は高くなりませんか?

A

高くなることはありません。

火災保険は、自動車保険のような等級制度がないので、申請しても保険料が高くなることはありません。

Q

保険金がおりたら修繕しないといけませんか?

A

必ずしも修繕する必要はございません。

給付金の使用用途は自由です。

Q

給付金受け取り後、リフォームまで行うことはできますか?

A

リペマではご希望であればリフォームまで行うことができます。

物件の調査を行った事業者に、そのままご依頼することもできるので、安心してご相談ください。

Q

調査を依頼してから、給付金がおりるまでどれくらいかかりますか?

A

申請承認後、最短2週間程度で給付金を受け取ることができます。

保険会社の対応や、時期によって前後することがありますが、基本的には1ヶ月以内で給付まで完了します。

Q

手数料の割合が33%~(税込)なのはなぜですか?

A

通常の手数料は38.5%(税込)になります。

33%(税込)の適応条件は、調査時に撮影した建物写真、見積書、火災保険会社が発行した給付金額を示す書類等をリペマの広告等の利用許可をいただけることのみです。

当然、個人情報が特定されないように加工をし、取り扱いには十分な注意を払います。

損がないキャンペーン手数料となっております。

さらに、リペマ経由でのご紹介会社であれば、通常手数料が33%(税込)以上の会社であっても、一律33%~(税込)になります。

調査会社に別途支払いが必要な手数料はございません。

Q

まずは申請サポートの相談をしたいです。

A

どんなことでもお気軽にご相談、ご質問ください。

お問い合わせフォーム(メール)もしくは、公式LINE@からお問い合わせください。リペマ担当者が早急に対応いたします。 もちろん、無料です。

無料調査・会社比較
なんでもご相談ください

一括比較・ご質問なんでもご相談ください

『無料調査モニター』が気になる方も、
『一括比較』したい方も、
お気軽にお問い合せください!
1営業日以内にご連絡させて頂きます。

メールでのご相談

    株式会社Freest(以下「当社」といいます)は、当社が運営する全てのサービスにおいて、以下の通り個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、個人情報保護に関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守し、個人情報の保護を推進致します。

    1.個人情報の管理
    当社は、お客様の個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
    また、当社は、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破損、改ざん及び漏洩などを防止するために、セキュリティシステムの維持、管理及び、全社員に対し必要な社員教育等の徹底を行い、適正な情報セキュリティ対策を講じます。
    2.個人情報の利用目的
    当社は、お客様、お取引関係者等の個人情報について下記の目的に使用いたします。

    • 当社からのご連絡(電話、メール、LINE、ショートメッセージ、チャットツール、その他弊社が用意しお客様にご利用いただいた連絡ツール)
    • 当社からのご案内(当社サービス、当社のお取引関係にある第三者のサービス案内など)
    • ご質問に対するご回答
    • 頂いた口コミ、お客様の声をサイト上に掲載
    • その他、資料などのご送付
    3.個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客様よりお預かりした個人情報を適切に管理し、以下の場合を除き、同意を得ずに第三者に個人情報を提供することは致しません。

    • お客様の同意がある場合
    • 法令等の定めに基づく場合
    • お客様が希望されるサービスを行うために当社が業務を委託する事業者に対して開示する場合
    • アンケート調査会社に対して顧客満足度調査を行う際の当該調査会社に対する情報提供する場合
    4.個人情報の安全対策
    当社は、個人情報正確性及び安全性を常に確保するために、セキュリティに万全の対策を講じます。
    5.法令、規範の尊守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を、適宜見直し、その改善に努めます。

    6.当社ウェブサイトに関して
    (1)データ暗号化に関して
    お客様がインターネット上で送信される個人情報を収集する際の安全策として、データ暗号化技術SSL(Secure Sockets Layer)方式を採用しています。
    (2) オンライン広告でのリマーケティングについて
    当社では、お客様ごとにあった広告を表示するために、オンライン広告のリマーケティング機能を利用しています。
    第三者配信事業者によりインターネット上の様々なサイトに当社の広告が掲載される場合がございます。
    第三者配信事業者はCookieを使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
    この場合のCookie保持情報にお客様の個人情報が含まれることはございません。
    お客様は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウトページにアクセスして、当該第三者によるCookieの使用を無効にできます。
    7.個人情報お問い合わせ窓口
    • 株式会社Freest
    • 〒115-0051 東京都北区浮間2-22-9
    • メールアドレス:info@freest.jp