火災保険で補償される自然災害について

  火災保険申請サポートガイド

火災保険では、様々な自然災害による被害に対応しています。
その名の通り、火災による被害はもちろんですが、幅広く建物の被害を補償してくれる、万能な保険なのです。
今回は、火災保険で補償される自然災害について、徹底的にご紹介します。

この記事に書かれていること
  • 火災保険で補償される自然災害について
  • 補償された自然災害の例

火災保険で補償される自然災害

火災保険の補償範囲は広く、下記の自然災害に対応しています。

  1. 台風
  2. 水災・水害・豪雨
  3. 雪害・雪災
  4. 風災・暴風
  5. 落雷・雷
  6. 火災
  7. 漏電
  8. 雹(ひょう)

火災保険は、台風の多い日本にとっては欠かせない存在です。そんな火災保険の補償内容について、それぞれ説明していきます。

①台風

火災保険は台風によって発生した被害も補償します。台風は強風、豪雨や雷、飛来物が飛んでくることもあり、水災、風災、落雷として建物に被害を与えることが多々あります。

台風の強風によりフェンスが歪んだ、といった被害や、台風により屋根の瓦が飛んでいった、割れてしまった、という被害例が多いです。

火災保険で台風被害は補償される? 火災保険で台風被害は補償される?

②水災・水害・豪雨

火災保険は暴風雨、ゲリラ豪雨が原因で発生した被害を補償します。
暴風雨によって、河川の水位が上がり、洪水し床上浸水になった場合も、火災保険で補償されます。台風による高潮(津波のように、海水が流れてくる現状)の被害や、豪雨による土砂崩れも補償範囲になります。

火災保険の水災(水害)の補償について 火災保険の水災(水害)の補償について

③雪害・雪災

雪が直接原因となる被害は、補償範囲内になります。実は、雪による建物の被害はとても多いです。積雪により雨樋が曲がることや、屋根が歪んでしまったりすることもあります。
また、落雪や積雪によってカーポートが壊れてしまうこともあります。
このような雪害、雪災も、火災保険は補償してくれます。

火災保険で雪害・雪災は補償される? 火災保険で雪害・雪災は補償される?

④風災・暴風

台風による暴風や、竜巻などの、強い風も建物に被害を与えます。
風が原因で被害がおきた場合、補償対象になります。
突風により、屋根の瓦が飛ばされることや、強風によりカーポートが傾いたという被害もあります。

火災保険で風災は補償される!申請例まで紹介 火災保険で風災は補償される!申請例まで紹介

⑤落雷・雷

火災保険は、落雷、落雷によって発生した被害も補償します。
例えば、屋根のアンテナに雷が落ち、アンテナ線に繋がっていたテレビが壊れた、コンセント経由で家電が壊れた、という被害も昔は多かったです。落雷によって屋根の瓦が割れた、落雷により火事になった、という被害もあります。

⑥火災

火災保険は、その名の通り火災による被害も補償します。
逆にいうと、火災以外で使えない保険、と勘違いしている人が非常に多いです。

⑦漏電

火災保険は、漏電やショートによる被害も補償しています。
今の建物にはあまりないですが、漏電によって発生した火災についても対応しています。冬の時期は特に空気が乾燥していることもあり、漏電やショートによって壊れてしまった電化製品も補償の対象になります。

⑧雹(ひょう)

雹による被害も、火災保険の補償範囲内になります。
雹は、大きい者だとゴルフボールほどのサイズになり、雹により屋根が割れてしまったり、カーポートが割れてしまったりすることも少なくありません。外壁が傷つき、窓ガラスが割れることも多々あります。

自然災害による被害があったら!火災保険の補償を見よう

自然災害による被害があったら、まずは自分の加入している火災保険の補償範囲を確認しましょう。火災保険は、様々なオプションをつけられるので、補償範囲は人それぞれです。被害にあった災害が、自分の加入している保険の補償範囲内なのか確認し、範囲内であれば、サポート業者を探しましょう。

まとめ

この記事のまとめ
  • 火災保険の補償範囲は非常に広い
  • 被害に会った時は、まず火災保険の補償範囲を確認しよう