火災保険で雪害・雪災は補償される?

他の風災や水災に比べると比較的少ない雪災・雪害は、火災保険で補償されるのでしょうか?
今回は火災保険の雪災に関して、ご紹介します。

この記事に書かれていること
  • 雪災による被害は補償されるのか
  • 実際の被害例
  • 雪害でも保険金がおりないケース

雪害、雪災の被害は補償される?

結論、雪災は補償されます。雪の多い地域ではよくありますが、積雪や、落雪による被害がほとんどです。
加入している保険にもよりますが、雪災の補償範囲は「建物」と「家財」どちらにも対応しています。

雪害、雪災の被害例

実際によくある雪害、雪災は下記になります。

  • 落雪で屋根やウッドデッキが曲がる
  • 積雪でカーポートや雨樋が歪む
  • 建物が雪崩の被害にあった

雪は時間がたつと硬くなり、積もればもちろん重たくなり、建物にダメージを与えます。
それぞれ解説していきます。

落雪で屋根やウッドデッキが曲がった

落雪による被害も多いです。屋根やウッドデッキなどに、重い雪が降ってきて、曲がったり、壊れたりする被害は少なくありません。

積雪でカーポートや雨樋が歪んだ

カーポートや雨樋といった、耐久力のない箇所に雪がつもり、雪の重さにより変形したり歪むことがあります。
雨樋が歪んでしまうと、うまく雨を排出できなくなります。

建物が雪崩の被害にあった

近くに山がある建物の場合、雪崩の心配もあります。
雪崩は非常に危険で、巻き込まれると建物の中まで被害にあってしまうケースが多いです。
山の近くに住んでいる方は、万が一の雪崩に備え、建物と家財を補償対象にした火災保険を契約しましょう。

火災保険で雪害、雪災として補償されない場合

雪害や雪災による被害であっても、火災保険で補償されないケースもあります。
主に下記2つの場合、補償されません。

  • 自然劣化や経年劣化による被害の場合
  • 雪害から3年以上経ってしまった場合

自然劣化、経年劣化の場合

雪害や雪災があったとしても、根本原因が経年劣化によるものだと判断された場合、補償されません。
「雪」が原因の被害のみ、保険適用されます。

雪害にあっても、火災保険の請求期限を超えた場合

実際に雪害、雪災の被害にあってから3年以内でないと、補償されません。
火災保険には、被害にあってから3年以内、という請求期限があるため、雪害を受けたらなるべく早く申請をしましょう。

雪害、雪災の被害で、保険金を請求する方法

雪害、雪災の被害にあった場合、まずは落ち着いてから保険金申請をしましょう。
その際、「その地域で経験が豊富な申請サポート業者」を選びましょう。
同じ地域であれば、同じ大雪被害を受けた建物の申請サポート経験も多いため、保険金額や認定率が高くなることがあります。

リペマでは、お客様の地域や被害にあった、経験豊富なサポート業者をご紹介しております。

まとめ

この記事まとめ
  • 雪災、雪害も火災保険で補償される
  • 落雪や積雪による被害が多い
  • 雪害があったら、すぐ保険金申請をしよう

自然災害についてはこちら▼

火災保険で補償される自然災害について 火災保険で補償される自然災害について