火災保険で雪害・雪災は補償される?

火災保険雪害補償

他の風災や水災に比べると比較的少ない雪災・雪害は、火災保険で補償されるのでしょうか?
今回は火災保険の雪災に関して、ご紹介します。

>>火災保険の補償範囲・補償される自然災害はこちら

この記事に書かれていること
  • 雪災による被害は補償されるのか
  • 実際の被害例
  • 雪害でも保険金がおりないケース

※簡単な条件あり

雪害、雪災の被害は補償される?

結論、雪災は補償されます。雪の多い地域ではよくありますが、積雪や、落雪による被害がほとんどです。
加入している保険にもよりますが、雪災の補償範囲は「建物」と「家財」どちらにも対応しています。

雪害、雪災の被害例

実際によくある雪害、雪災は下記になります。

  • 落雪で屋根やウッドデッキが曲がる
  • 積雪でカーポートや雨樋が歪む
  • 建物が雪崩の被害にあった

雪は時間がたつと硬くなり、積もればもちろん重たくなり、建物にダメージを与えます。
それぞれ解説していきます。

落雪で屋根やウッドデッキが曲がった

落雪による被害も多いです。屋根やウッドデッキなどに、重い雪が降ってきて、曲がったり、壊れたりする被害は少なくありません。

積雪でカーポートや雨樋が歪んだ

カーポートや雨樋といった、耐久力のない箇所に雪がつもり、雪の重さにより変形したり歪むことがあります。
雨樋が歪んでしまうと、うまく雨を排出できなくなります。

建物が雪崩の被害にあった

近くに山がある建物の場合、雪崩の心配もあります。
雪崩は非常に危険で、巻き込まれると建物の中まで被害にあってしまうケースが多いです。
山の近くに住んでいる方は、万が一の雪崩に備え、建物と家財を補償対象にした火災保険を契約しましょう。

火災保険で雪害、雪災として補償されない場合

雪害や雪災による被害であっても、火災保険で補償されないケースもあります。
主に下記2つの場合、補償されません。

  • 自然劣化や経年劣化による被害の場合
  • 雪害から3年以上経ってしまった場合

自然劣化、経年劣化の場合

雪害や雪災があったとしても、根本原因が経年劣化によるものだと判断された場合、補償されません。
「雪」が原因の被害のみ、保険適用されます。

雪害にあっても、火災保険の請求期限を超えた場合

実際に雪害、雪災の被害にあってから3年以内でないと、補償されません。
火災保険には、被害にあってから3年以内、という請求期限があるため、雪害を受けたらなるべく早く申請をしましょう。

雪害・雪災の火災保険申請方法・流れ

STEP.1
まずは被害状況の確認をする

まずは安全が確認できた段階で、被害状況の確認からしましょう。

  • 積雪で雨樋は曲がっていないか
  • 雪崩が発生した場合、自宅建物や外壁に被害はないか

さまざまな被害があると思いますが、まずは被害状況の確認をした後に写真撮影が可能な場合は写真撮影をしておきましょう。

※被害の自覚症状がない場合はSTEP2へ(実際リペマにお問い合わせ頂いた9割以上は被害の自覚症状がないお客様です)

STEP.2
火災保険申請サポート業者に連絡をする
火災保険申請サポート業者に連絡をしましょう。

火災保険申請サポート業者は非常の多いため、どの業者がご自身に合うか判断は非常に難しいです。

そのような場合はリペマの一括比較にて、火災保険申請サポート業者の比較をすることをお勧めします。

STEP.3
火災保険申請サポート業者による現地調査と資料作成
火災保険申請サポート業者による被害状況の調査を行います。ここで申請できる箇所をしっかりと調査いたします。

  • 屋根の上の被害
  • 雨樋の歪みやズレ

など、見落としがちなところまでしっかりと調査いたします。

また、調査終了後に見積書の作成など申請に必要な書類の一部を作成致します。

現地調査は大体1時間前後で終了します。この現地調査をすることによって、給付金の受取額が大きく変わってきます。

>>これ以降の火災保険の申請方法・流れはこちら

まとめ

この記事まとめ
  • 雪災、雪害も火災保険で補償される
  • 落雪や積雪による被害が多い
  • 雪害があったら、すぐ保険金申請をしよう