火災保険で台風被害は補償される?

火災保険に入っていれば、台風による被害にあった時も保険金がおりることがあります。
実際に保険金がおりた台風被害についても記載していきます。

この記事に書かれていること
  • 台風被害で、補償されるものとされないもの
  • 実際に保険金がおりた台風被害
  • 台風被害で補償される保険金について

火災保険で台風被害(損害)は補償される?

台風で建物が被害・損害を受けることは多いです。
被害を受けた場合、保険金を受け取れることがあります。
加入しているプランによって、補償される範囲が違うので、しっかりと補償範囲を把握しておきましょう。

台風被害で火災保険の補償が適用される場合

加入している火災保険次第で、補償範囲が異なります

火災保険の補償対象は2種類あります。「建物」と「家財」です。
建物のみを補償対象とするプランや、家財のみを補償対象とするプラン、建物と家財両方を補償対象とするプランがあります。

台風被害で火災保険の補償が適用されない場合

下記に当てはまる場合は、火災保険が適用されません。

  1. 台風による被害でなく、経年劣化による被害の場合
  2. 3年以上経っている場合

台風が原因で被害に繋がった、という場合は補償されますが、もともと経年劣化して壊れている被害箇所が、台風により被害が悪化した、という場合は補償されません。

台風被害に適用される補償

台風による被害で火災保険が適用される場合、主に風災、水災、落雷のどれかの補償なります。

  1. 風災補償
  2. 水災補償
  3. 落雷補償

台風の「風」と「水」と「雷」、の全ての損害を補償してくれます。

風災補償

台風による強風、竜巻、暴風によって生じる建物被害を補償します。「風」が原因で被害を受けた場合、風災補償に該当します。
突風により屋根の瓦が飛んで雨漏りになった被害や、強風により窓ガラスが割れ、部屋が水浸しになった、という被害も補償します。

水災補償

水が原因の被害を補償します。
例えば、台風や豪雨のせいで家の中の家財が水浸しになってしまった場合や、近くの川が氾濫し、洪水になり床上浸水してしまった被害などが対象になります。

落雷補償

落雷は建物に大きな被害を与えます。「雷」により、建物内の電化製品などの家財が壊れた、という被害もあります。
また、落雷でテレビアンテナが使えなくなった、という被害もあります。
このような落雷による被害も補償してくれます。

火災保険で補償される台風被害

実際に補償された台風被害について紹介していきます。
よく申請される場所を詳細に説明していきます。

台風被害1|屋根

屋根は被害が非常に多いです。屋根をちゃんと見たことがないので、被害に気づいていない人が多いです。
瓦が剥がれていたりするのは、ドローンで写真をとるか、登って調査しないと正直分からないので、専門の業者に申請サポートをお願いして点検するのをお勧めします。

台風被害2|瓦や屋根

瓦を支える釘が抜けてしまい、ズレることもあります。瓦が割れていたり飛ばされていることもあり、落下してしまう可能性や、そこから雨漏りにつながる可能性もあります。

台風被害3|棟 板金

棟板金とは、屋根を固定している重要な金属部分を指します。この棟板金の釘が浮いてきたり、抜けてしまうと、大きな金属部分が落下してしまう可能性や、そこから雨漏りにつながる可能性もあります。棟板金は非常に風の影響を受けやすいです。

台風被害4|軒天

建物から伸びている、屋根の裏側である「軒天」。強風により軒天が剥がれてしまうこともあります。

台風被害5|ウッドデッキ

ウッドデッキが被害を受けることもあります。
強風により壊れてしまった、という事例も多くあります。

台風被害6|フェンス

フェンスは、風の影響を非常に受けやすいものです。台風の強風により釘抜けしたり、フェンスの一部が外れてしまうこともあります。
歪んだり飛来物により破損してしまった例も多く見られます。

台風被害7|アンテナ

テレビアンテナは、強風、そして雷による影響を受けやすいです。
落雷して壊れてしまったり、強風により曲がってしまったり倒れてしまうことが多いです。

台風被害8|ベランダ

ベランダにも被害を受けることがあります。
台風による飛来物により、ベランダの手すりが凹むこともあります。
台風がくる時には、なるべくベランダに物を置かないようにしましょう。
物が飛んで被害に発展してしまう可能性もあります。

台風被害9|カーポート

飛来物によりカーポートが割れたり、強風によりカーポートが傾くこともあります。もともと車を守るためのものなので、車の代わりに被害を多く受けます。

台風被害10|窓ガラス

台風による突風や、飛来物により窓ガラスが割れることが多々あります。

台風被害11|サイクルポート

カーポートと同じように、自転車を守るためのサイクルポートも、台風の被害を受けます。
主には飛来物による天井の凹みや、サイクルポートが傾く、などの被害が多いです。

台風被害12|窓・窓枠

飛んできた飛来物が窓枠を傷つけることもあります。
非常に少ない被害ですが、補償対象になります。

台風被害13|ブロック塀

石やコンクリートのブロック塀が多いですが、台風で飛んできた飛来物がぶつかることもあります。

台風被害14|給湯器

自然災害時には安全装置が作動し、点火しない機能を備えた給湯器もあります。
台風の豪雨により、本体が水没してしまうことや、雷による被害で動かなくなることもあります。

台風被害15|雨樋(雨どい)

主に積雪により雨樋が歪んだ、という被害もありますが、台風の豪雨や、強風により雨樋が歪むこともあります。
また、雨樋の一部が外れてしまうこともあります。

台風被害16|エアコン室外機(エアコンカバー)

台風の日にエアコンは使わないほうがいい、というのはよく聞く話です。
実際に、エアコンは強風に弱く、豪雨の時は、室内のエアコンに水が逆流してくる可能性もあります。

台風被害17|外壁

強風による飛来物によって、外壁がかけてしまうことはよくあります。塗装が剥げたり、広範囲にダメージを受けてしまうことも多いです。

台風被害18|ガレージ

強風による飛来物によって、ガレージが凹んだり、歪んだりすることもあります。
ガレージは比較的頑丈ではないので、凹みや傷による損傷を受けやすいです。

火災保険は、様々な自然災害を補償してくれます▼ 火災保険で補償される自然災害について 火災保険で補償される自然災害について

台風被害で補償される保険金(見舞金)

火災保険によって補償される保険金は下記です。

  1. 損害保険金
  2. 費用保険金
  3. 臨時費用保険金
  4. 残存物取片づけ費用保険金

それぞれ説明していきます。

損害保険金

台風で発生する風災や水災などによる被害、損害を受けた時に、その被害に対して支払われる保険金です。

損害保険金
損害保険金の計算方法は、「被害額ー免責金額」になります。

費用保険金

建物や家財などが被害・損害を受けると、修繕する時に費用が発生します。その費用をサポートするための保険金が費用保険金です。

  • 臨時費用保険金
  • 残存物取片づけ費用保険金

臨時費用保険金

例えば、建物が大きな被害を受け、とても住める状態でない時、宿泊したホテルなどの費用に対して補償される保険金になります。
その名の通り、臨時で発生した費用を賄ってくれる保険金です。

残存物取片づけ費用保険金

その名の通り、建物の瓦礫や残存物を片付けるための費用です。
清掃費や建物取り壊し費用、片付けにかかる費用を賄ってくれる保険です。

まとめ

この記事のまとめ
  • 火災保険で台風の被害は補償されるケースが多い
  • 台風の風災、水災、落雷による被害は補償される
  • 台風で被害に遭ったら、まずは業者に依頼しよう