火災保険の水災(水害)の補償について

水災(洪水や浸水など)は、火災保険で補償されます。この記事では、火災保険で水災補償されるものやされないものについて、解説していきます。

この記事に書かれていること
  • そもそも水災(水害)について
  • 水災となる条件、基準
  • 水災とよく勘違いされる被害

水災(水害)とは

「水」が原因で起こる災害、被害のことを指します。
台風や豪雨ゲリラ豪雨などによる損害も補償となるため、火災保険で追加している方が多いです。よくある水害は下記です。

  1. 土砂崩れ
  2. 洪水
  3. 高潮

それぞれ詳細を説明していきます。

水災(水害)1|土砂崩れ

台風や豪雨により、地すべり・土砂がくずれる被害を指します。
土砂崩れも水害に該当します。

水災(水害)2|洪水

もちろん洪水も補償対象になります。
また、自然災害ではない都市型水害(マンホールから水が溢れ出てくる水害)も補償対象になります。

水災(水害)3|高潮

気圧の変化によって引き起こされる高瀬による被害も水害です。
台風後の高瀬の被害も受けることも多々あります。

水災(水害)のよくある被害事例

水災によくある被害例は下記になります。

  1. 台風や豪雨により、家の近くの河川が氾濫し、床下浸水して家財が壊れた
  2. 土砂崩れにより、家の中まで土砂が流れ込み、建物が傷ついた
  3. 高潮により、家が流されてしまった

水災補償の条件・基準

水災には条件があります。各保険会社がそれぞれ基準定めています。

水災の条件
  1. 保険価額の30%以上の損害を受けた場合
  2. 地盤面から45cmを超える浸水による損害

水災補償の場合、罹災証明が必須

水災として火災保険を申請する場合、「罹災証明」が必須です。

罹災証明
市区町村などが、実際にどれほどの被害があったのかを証明する公的書類のこと。

水災補償の補償割合

水災による被害を申請する場合、保険金がおりやすい傾向にあります。
今では、被害額のほぼ100%を補償していくれる会社が多いです。
罹災証明という公的書類もあるので、手厚く補償してくれます。

水災(水害)とよく勘違いされる被害・損害

水災は、「水」が原因で起きる災害です。さまざまな災害がある中で、水災とよく勘違いされる被害もあります。

  1. 雪害、雹害、風害
  2. 水濡れ、漏水、雨漏り
  3. 津波

雪害、雹害や風害

積雪が原因で雨樋が歪んだ、雹が降ってきて窓ガラスが割れた、強風によりカーポートが曲がった、という被害も該当しません。

水濡れや漏水、豪雨による雨漏り

トイレが壊れて水漏れした、排水管が破裂し漏水した、瓦が飛んでしまい雨漏りしている、という被害も該当しません。
これらも、被害の根本原因は「水」ではありません。雨漏りを防ぐ瓦が飛んでしまったのは「風」が原因です。

津波

地震が原因で地盤が歪み、生じる災害が津波です。
よく勘違いされますが、津波は地震が原因となるので、地震保険の補償対象になります。

津波と高瀬の違い
高瀬は雨による気圧・気候の変化により生じる被害で、津波は地震により生じる被害です。

水災による被害で、保険金を請求する方法

水災による被害を受けた後、3年以内であれば補償されるので、落ち着いてからしっかりと保険金を請求しましょう。
その時は、「被害があった地域に詳しい業者」を選ぶことをおすすめします。
同じ水害による保険金請求を経験している可能性もあり、その地域のことをしっかりと把握している可能性が高いです。
リペマでは、全国で沢山の提携業者がいため、自分にあった業者を提案しているので、ぜひお問い合わせください。

水害以外にも、様々な自然災害を補償してくれます▼ 火災保険で補償される自然災害について 火災保険で補償される自然災害について

まとめ

この記事のまとめ
  • 水災(水害)は保険適用できる
  • まずはその地域に詳しいサポート業者を見つけよう