落雷被害は火災保険申請できる!実費を減らすためのポイント

台風や梅雨に多く発生する落雷被害も、火災保険で補償されます。今回はよくある落雷被害や、落雷被害で火災保険申請する際の注意点まで説明します。

ただし、落雷被害は経験上台風の被害などよりも時間が経つほど申請が承認されにくい傾向にありますので、気になる場合は即対応することが大切です!

落雷の被害は火災保険で補償される

結論、落雷被害も補償されます。
例えば、落雷によりテレビアンテナが壊れたり、落雷により家電製品がショートした、という被害は火災保険で補償される可能性があります。

落雷被害で補償される対象物に2つあります。

  1. 建物
  2. 家財

それぞれ具体例を挙げながら紹介していきます。

落雷の補償箇所【建物】

建物に雷が直撃し、建物自体に被害が生じた場合でも、火災保険で補償されることがあります。

  • 落雷を受け、火事に繋がってしまった場合
  • 落雷により、屋根が壊れた
  • 落雷を受け、備え付けの電化製品(エアコンや給湯器、インターホンなど)がショートした

建物に直接被害が生じた場合や、建物に備え付けられている電化製品が故障した場合、火災保険申請できる可能性は高いです。

基本家に備え付けられているもの(動かしにくいもの)は、建物として判断されます。

落雷の補償箇所【家財】

落雷が生じた時、コンセントを伝って家電製品がショートすることがあります。

  • 落雷を受け、パソコン、テレビなどがショートした
  • 落雷を受け、火事に繋がり家財(衣類やタンスなど)が燃えた

落雷が原因で、家財が故障や破損した場合も、火災保険申請できる可能性があります。
保険会社が家財の価値(購入時の金額)を参考にして、給付金を決めることが多いです。

落雷で火災保険申請する時の注意点

落雷被害を申請する際には、落雷特有の注意点があります。

  • パソコンの落雷被害
  • 落雷の証明になる「被害箇所写真」の取り忘れ
  • 落雷があった被害日時の忘れ
  • 避雷針があっても、被害が生じる可能性はある
  • 分譲マンションでの補償範囲

通常の自然災害(大雪や大型台風)の場合、被害日が明確になるケースが多いですが、落雷は被害を証明するのが難しいので注意が必要です。

落雷被害時によくある火災保険申請上のミス

よくあるのが、

  • 壊れた給湯器すでに撤去してしまった
  • 壊れたパソコン捨ててしまった

など、被害を証明する物的証拠を処分してしまうケースです。

基本どのような場合も、壊れた物は少なくとも処分前に、

  • 写真を撮る(全方面から)
  • 撤去時、廃棄時の領収書保管
  • どこに依頼したか分かる資料

は、取得し保管しておくようにしましょう。

パソコンの落雷被害

落雷によりパソコンが壊れてしまった場合、家財補償によりパソコン代金は補償されますが、パソコンの中のデータや有料ツール、ソフトウェアは補償されません。
大事な情報については、常にバックアップをとるか、クラウドサービス上で管理することをおすすめします。

さらに、デスクトップパソコンは補償されるが、ノートパソコンは補償されないケースもあります。
補償内容によっては両方補償されますが、自分の補償内容をしっかりと確認しましょう。

落雷の証明になる「被害箇所写真」の取り忘れ

建物に落雷が直撃した場合、雷がおちた被害箇所の写真は、なるべく早く撮影し証拠を残しましょう。数ヶ月すると被害状況が分かりにくくなることもあるので、可能であれば必ず写真を撮りましょう。

また、雷により家財に外的被害(窓ガラスの割れや電化製品の破損など)が生じた場合も、破損した家財を片付ける前に、証拠写真を撮るのがベストです。

落雷があった被害日時の忘れ

落雷が起きた日程と、その時刻も忘れないようにメモしておきましょう。
火災保険を申請する際、被害日時がはっきりしていないと、申請できないと言われることもあります。
写真を撮り、その被害日時も詳細に伝えられるよう対策しておきましょう。

避雷針があっても、被害が生じる可能性はある

避雷針とは、落雷を避けるための装置ではなく、「落雷による被害」を避けるための装置です。
避雷針がある物件でも、落雷により電線を伝って家財が壊れる、という可能性はあります。

分譲マンションでの補償範囲

分譲マンションには、給湯器やエアコンなどの「専有部分」と、エレベーターや玄関ホールなどの「共有部分」があります。
分譲マンションの場合、専有部分と家財が補償される火災保険に加入することになります。

落雷による損害の給付金はいくらもらえる?

落雷による被害は、落雷によって生じた被害を修理、修復するための金額が補償されます。
雷による被害は珍しいですが、通常の火災保険の給付金と同じく、「損害保険金」と「費用保険金」を合わせた金額が補償されます(※補償内容次第では異なる場合があります)。

火災保険で補償される、よくある落雷被害

落雷による被害で多いのは、電化製品の故障です。

  • 落雷によるテレビの故障
  • エアコン
  • 給湯器(エコキュート)
  • インターホン
  • テレビアンテナ
  • 家電(電化製品)
  • 電動シャッター
  • 冷蔵庫

落雷によるテレビの故障や、テレビアンテナの破損も多いです。
過度な電流により、コンセントを伝ってショートする被害も少なくありません。

落雷被害による火災保険申請のまとめ

  • 落雷被害にあった時、火災保険で補償される
  • 落雷による、電化製品の故障が多い
  • 落雷被害にあったら、まずは証拠(写真やメモ)をとろう