火災保険でテレビアンテナの修理ができる?倒れた時は要チェック!

台風や強風でアンテナが倒れた場合、火災保険で補償されますが、免責といった落とし穴も…

どのような場合に、アンテナの被害も火災保険で保証されるのかをまとめていきます!

この記事に書かれていること
  • 火災保険でテレビアンテナは補償される
  • 火災保険でテレビアンテナが補償されるケースとされないケース

テレビアンテナの被害は火災保険で補償される

テレビアンテナの被害は自然災害による被害であれば火災保険を使って修理することができます。
例えば、強風でアンテナが曲がってしまった場合に、火災保険に加入していて補償範囲に風災が入っていることで補償される可能性があります。

火災保険において、テレビアンテナは家財?建物?

テレビアンテナは建物扱いになります。

火災保険において建物とは『自分で簡単に動かすことができないもの』というイメージです。アンテナは建物自体に取り付けるため、自分で簡単に動かすことはできません。よって建物扱いとなります。

火災保険でアンテナ被害が補償される事例

火災保険の補償範囲による被害であれば、テレビアンテナの被害は火災保険で補償できる場合が多く、アンテナ修理でよく適用される自然災害としては、

  • 風災
  • 雹災
  • 雪災
  • 雷災

があり、特に『風災』の被害は最も多いです。

実際にアンテナ被害で火災保険が補償された事例として

  • 台風の強風によってアンテナが倒れた
  • 大雪でアンテナに雪が積もってしまい重みで曲がる
  • 落雷によってアンテナが故障する
  • 雹がアンテナに当たり曲がる

などがよくありますが、これらの被害は全て火災保険で補償されます。

風や落雷などでアンテナに被害があった際は火災保険で屋根と一緒に修理するケースが多い

台風でアンテナに被害があった際には屋根にも被害がある場合があるので、セットで修理をするケースが多いです。

実際にアンテナに被害が発生した方の多くが屋根にも被害があるケースが多いです。

火災保険でアンテナ被害が補償されない事例

火災保険でアンテナ被害が補償されない場合もあります。

具体的には、

  • 経年劣化による被害の場合
  • 免責金額に満たない被害の場合
  • 被害発生から3年以上経っている場合
  • 補償されていない被害が原因の場合
  • 地震による被害の場合

火災保険でアンテナ被害が補償されないケースの共通点は『自然災害による被害ではない』という点です。以下に詳細を記載します。

経年劣化による被害の場合

経年劣化による被害は自然災害が原因ではないため、火災保険では補償されません。

また、経年劣化の箇所を自然災害と偽って火災保険の申請をしたとしても保険会社から派遣される調査員によってバレてしまうため、しないようにしましょう。

しかし実際の被害原因が自然災害によるものなのか経年劣化によるものなのか、特定するのは非常に難しいです。実際に被害にあった際には火災保険申請サポートの無料調査を使って専門家に調査してもらうことをお勧めします。

免責金額に満たない被害の場合

被害総額が免責金額以下の場合は火災保険で補償を受けることはできません。

免責金額とは『この金額までは自分で修理費を負担します』という基準のようなものです。この免責金額は人によって違うため、わからない場合は保険会社に連絡して確認しましょう。一般的には20万円前後が多いとされています。

被害発生から3年以上経っている場合

火災保険の申請は被害発生から3年以内と保険法によって定められているため、被害発生から3年以内に申請をする必要があります。

また、被害に遭ってから申請までの期間が開けば開くほど、被害原因の特定が非常に困難になります。被害にあったらすぐに火災保険申請サポート業者の無料調査を使って火災保険の申請をしましょう。

補償されていない被害が原因の場合

発生した損害に対する補償に加入していない場合は火災保険の補償を受けることはできません。

例えば、雪があまり降らない地域に居住していたため雪災補償には加入しなかったとして、突然大雪が降ってしまい、アンテナに積もった雪が原因でアンテナが曲がって破損したとしましょう。

この場合被災者は雪災補償には加入していないので火災保険の補償を受けることはできません。

地震による被害の場合

地震によりテレビアンテナが転倒、破損した場合、火災保険ではなく地震保険が適用されます。

地震保険に加入している場合、地震保険で給付金を受け取れる可能性があります。

アンテナ被害の火災保険申請方法・流れ

STEP.1
まずは被害状況の確認をする

まずは安全が確認できた段階で、被害状況の確認からしましょう。

  • 強風による被害
  • 落雷による被害

など、アンテナが高いところに設置されている場合、様々な被害に遭う可能性があります。

アンテナに何か被害が発生するような災害が発生した際には、可能であればアンテナに被害が発生していないか確認することをお勧めします。

また、確認のためにご自身で屋根に登るのも絶対にやめましょう。転落につながる可能性があります。

※被害の自覚症状がない場合はSTEP2へ(実際リペマにお問い合わせ頂いた9割以上は被害の自覚症状がないお客様です)

STEP.2
火災保険申請サポート業者に連絡をする
火災保険申請サポート業者に連絡をしましょう。

火災保険申請サポート業者は非常の多いため、どの業者がご自身に合うか判断は非常に難しいです。

そのような場合はリペマの一括比較にて、火災保険申請サポート業者の比較をすることをお勧めします。

STEP.3
火災保険申請サポート業者による現地調査と資料作成
火災保険申請サポート業者による被害状況の調査を行います。ここで申請できる箇所をしっかりと調査いたします。

  • 風災によるアンテナの被害
  • アンテナ設置部分の被害

など、調査が難しく危険な箇所もしっかりと調査させていただきます。現地調査は大体1時間前後で終了します。

また、調査終了後に見積書の作成など申請に必要な書類の一部を作成致します。

>>これ以降の火災保険の申請方法・流れはこちら

『火災保険でテレビアンテナの修理ができる?倒れた時は要チェック!』のまとめ

  • 火災保険でアンテナ被害は自然災害によるもの被害であれば補償される
  • 火災保険でアンテナ修理をする人の多くが一緒に屋根も修理する

アンテナ被害が発生した場合、自然災害による被害であれば火災保険を使って修理をすることができます。また、アンテナが倒れた際には一緒に屋根などにも被害がある可能性があるため、アンテナに被害があった場合は屋根なども一緒に確認しましょう。