火災保険で風災は補償される!申請例まで紹介

火災保険は、風による災害である風災も適用されます。火災保険に加入している方のほとんどは風災補償も一緒に入っています。
今回は、保険申請において重要な風災に関して徹底解説していきます。

この記事に書かれていること
  • 火災保険の風災について
  • 風災の被害例、申請例
  • 風災でおりない被害について

風災とは

台風や暴風などの、強い風によって引き起こされる災害のことです。日本は地震や台風などの自然災害が非常に多いですが、風災として認定されるのは「風」が原因で被害が発生した場合のみ、になります。

火災保険の風災・雹(ひょう)災・雪災

火災保険では、基本的に「風災・雹災・雪災」が一緒になっているプランが多いです。
それぞれ、補償対象は「建物」と「家財」になり、加入中のプランにより補償範囲は異なります。

風災

火災保険で補償される風災は条件があります。最大瞬間風速が20M以上の突風・強風が原因となって発生した被害、が対象になります。
日本には毎年多くの台風が発生するので、上記の基準を超える強風はよくあります。

雹災

風災とセットの雹災は、被害例としてはあまり多くありません。雹自体あまり発生しませんし、建物や家財に被害を与えるほどの大きな雹が降るケースも少ないです。
しかし、ゴルフボールほどの雹が降ってきた場合、非常に多くの被害が発生します。

雪災

雪による被害は非常に多いです。積雪により雨樋が歪んだ、という被害も非常に多く、雹や雷と違い、いつ被害にあったのかわかりにくいものです。
台風と同じで、年に1、2回程雪が降る地域がほとんどなので、雪災補償もあれば安心です。

火災保険の風災の申請例(事例)

風災による被害、申請例(事例)は下記のような例が多いです。

  1. 突風によって飛んできた飛来物でドアが凹んだ
  2. 突風により屋根の瓦が吹き飛ばされた
  3. 台風による強風で、フェンスやカーポートが傾いた
  4. 強風により、家に置いてあるバイクが倒れて壊れてしまった

風によって飛ばされた飛来物や、そもそもの強風により倒れた、凹んだ、歪んだ、という被害がほとんどです。

火災保険で風災として補償されない被害

風災として補償される被害は、「風が原因で発生したもの」が条件になります。
補償されない被害によくある2パターンが下記になります。

  1. 風災が原因では無い被害
  2. 件年劣化による被害

それぞれ解説していきます。

風災が原因では無い被害

よく勘違いされるのは、設備故障による雨漏りです。スノーダクト(屋根からうまく雪を排出するための設備)の故障により、雨漏りが発生した、という被害は適用外になります。
被害の直接原因、根本原因が風災でない被害は、もちろん補償されません。

経年劣化で発生した被害

火災保険は、自然災害による被害の補償をします。時間が過ぎれば金属や木材で構成されている家は老朽化していきます。経年劣化により発生した被害は補償されません。

風災被害での保険金請求のコツ

風災被害にあった際、保険金請求をする上で重要になるのが「サポート業者選び」です。
業者選びの際に重要になるのは「同じ被害を受けた地域(同じ台風や強風を受けた範囲の地域)で経験が豊富にあるか」という点です。
同じ風災による被害を申請したことがあるサポート業者であれば、どんな災害だったのか、他の家庭ではどれくらいの被害だったのか、がわかります。

リペマでは、お客様の建物のエリアを対象に申請サポートしている業者もご提案できます。

風災の場合、保険金補償額は?

被害状況によります。風災による被害だから保険金が少ない、雪災による被害だから少ない、ということはありません。
大きな台風でなくても、被害が大きければ補償額は高いです。

▼自然災害についてはこちらをご覧ください。 火災保険で補償される自然災害について 火災保険で補償される自然災害について

まとめ

この記事のまとめ
  • 風が原因になって発生した被害は補償される
  • 風災にあったら、サポート業者選びをしっかり行おう