火災保険の保険金の使い道は自由?おすすめな使い方も公開!

火災保険使い道

住宅が火災や自然災害などで被害を負った場合、給付金を受け取ることが可能です。火災保険で降りた給付金の使い道は、損害箇所の修理に充てることが一般的ですが、それ以外にも、様々な用途に使用することができます。そこで今回は、火災保険の使い方やその使い道について注意点を説明します。

この記事に書かれていること
  • 火災保険で受け取った給付金の使い道について
  • 火災保険の給付金を使う際の注意点

※簡単な条件あり

火災保険の使い道は自由

火災保険の給付金に決まった使い方はないため、自由に使っても問題はありません。

もちろん、火災保険の契約内容にも、給付金の細かな使い道に関しては何も定められていませんので、修繕に使わず「貯金、別箇所のリフォーム(例:お風呂、トイレ)、旅行etc」に使っても規約上、法律上問題はありません。

火災保険の臨時費用の使い道も自由

火災保険の給付金の使い道が理由なので、火災保険の臨時費用の使い道も基本自由になります。

ここでいう「臨時費用」とは事故や災害で生じた建物や家財の損害をまかなう「損害保険金」以外に追加で支払われる「費用保険金」の1つです。例えば、自宅が災害によって生活することが困難な場合、ホテルなどに一時的に仮住まいをする可能性があります。この際に臨時で必要となる費用を補償するのが、火災保険の臨時費用です。

修理費用の見積もりをする理由

使い道が自由なのであれば、修理費用を見積もりする必要がないように思えます。では、なぜ修理費用の見積もりをするのでしょうか?

修理費用を見積もるの理由は、支払う給付金額を正確なものにするために、見積もりを作成します。

火災保険の本来の使い道は「損害の穴埋めの保険」であるため、被害状況を正しく把握した上で、その被害に見合った給付金を支払うために、修理費用の見積もりをする必要があります。修理費用の見積書には、何にどれくらい修理費用がかかるかが細かく記載されているため、それを元に給付金を算出しています。

火災保険の給付金の具体的な使い道

では、火災保険の給付金は修繕に正しく使われるべきだと思われがちですが、冒頭にも述べたように、火災保険の契約内容には受け取ったの給付金の使い道の詳細までは何も記載されていません。ここからは、火災保険で受け取った給付金の使い方を、具体例を用いて解説していきます。

  1. 修繕費用
  2. 借金・住宅ローンの返済や貯蓄
  3. 趣味や娯楽に使用

そもそも火災保険の給付金を最大化するためにこちらはご確認下さい!

火災保険給付金火災保険の給付金はいくらもらえる?|損をしない火災保険申請

使い道① 修繕費用

火災保険の給付金の本来の使用目的は、修理費用に当てることです。火災保険の給付金とは保険の対象となる建物が被害を受けた場合に、その被害に対して支払われる保険金のことを指します。よって、給付金は修繕費用に当てるのが無難な選択です。

とはいえ…リペマにご相談いただく殆どのお客様が「早急に修繕が必要ケース」は稀なため、修繕費用に充てないケースがほとんなのが実情です。

使い道② 借金・住宅ローンの返済や貯蓄

火災保険の給付金は、住宅ローンや借金の返済、貯蓄に回すことが可能です。

火災保険は、被害額以上の給付金が支払われることがあります。この場合は、修理費用とは別に住宅ローン・借金の返済や、貯蓄に回すことも可能です。住宅ローンの支払いや、老後のことを踏まえた上で貯金や支払いは済ませておきたいですよね。

使い道③ 趣味や娯楽に使用

火災保険の給付金は、趣味や娯楽に使うことも可能です。

建物の損害がひどくない場合は、趣味や娯楽に回す人がほとんどです。

損害した場所が、放置していても問題ない場合や、受け取った給付金を使う必要がない場合は趣味や娯楽に使用しても問題ないと思います。

火災保険給付金の使い道のまとめ

  • 火災保険の給付金の使い道は自由
  • 修理が必要な場合は、給付金を使ってすぐに修理をする
  • 給付金を修理以外で使う場合は修理しない場合のことを考えた上で使う

火災保険の使い道は自由です。修理に使うのも、借金やローン返済・貯蓄に回すのも、趣味や娯楽に使うのも自由です。しかし、修理以外にお金を使った際に、損害が悪化し、建物の寿命が短くなったり、同じ損害箇所に再度損害が生まれた場合、給付金を受け取ることができ無いことだけは念頭に入れておきましょう!

そのため、給付金の使い道は「該当の損害箇所が、生活に支障が発生するレベルなのか。場所なのか。」を判断軸にしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です