【水道管の破裂】火災保険で補償されない?老朽化はどうなる?

火災保険申請水道管

火災保険で水道管は補償される場合とされない場合があります。

本記事にて、火災保険で水道管の被害が補償されるケースとされないケースを紹介します。

水道管は破裂だけで補償されるわけではないので、事例を確認しましょう!

この記事に書かれていること
  • 水道管の被害が火災保険で補償されるケース
  • 水道管の被害が火災保険で補償されないケース
  • 水道管の被害が火災保険で補償される条件

水道管の修理は火災保険で補償される場合とされない場合がある

水道管の修理は基本的には、火災保険では補償がされません。

水道管や排水管をはじめとする給排水設備の被害は火災保険では補償がされないので注意が必要です。

給排水設備は目に見えない位置に設置されていることが多いので、老朽化や被害にはかなり気付きにくいです。被害の発生に気づかずにいて、いきなり水漏れ被害など二次被害に直結する可能性もあるため、こまめなメンテナンスや確認をするのが一番でしょう。冬場は水道管の凍結は発生しやすく、水道管破裂も起きやすいため注意が必要です。

原則、水道管の被害は火災保険では補償されませんが、場合によっては水道管の被害が火災保険で補償されるケースもあります。

水道管の被害が火災保険で補償されるケースとされないケースをまとめて紹介します。

給排水設備とは

給排水設備とは簡単に表すと

  • 水をそれぞれの家庭に供給するための給水設備
  • 生活排水を排出するための排水設備

これらの総称になります。

  • 排水管
  • 給水管
  • 貯水タンク
  • 浄化槽

などが、『給排水設備』に当てはまります。

水道管が火災保険で補償される可能性のある事例

原則、水道管本体の被害は火災保険では補償されませんが、中には補償されるケースもいくつかあります。具体的には

  • 水道管凍結による被害
  • 水道管の凍結・破裂による水漏れ被害

これら2つのどちらかが当てはまった場合は、火災保険にて補償を受けることができます。

水道管凍結による被害

これは保険会社によりけりですが、保険会社によっては『水道管凍結修理費用保険』という特約が付帯されている保険の場合は、専用水道管が凍結して破損した場合に限って、火災保険で補償を受けることができます。ただし、一回の事故につき、1敷地あたり10万円までとなっています(この特約に入っている場合のみ、水道管本体も補償されます!)。

  • ソニー損保
  • 損保ジャパン

などは、『水道管凍結修理費用保険』があるため、補償される可能性があります。

水道管凍結修理費用保険とは

建物の水道管が凍結が原因によって、水道管の破損などが発生した際に適用される保険金のことです。

1つの敷地につき、10万円までと上限が定められています。

よって、1つの敷地内の2つの水道管が凍結して破損したとしても、10万円しか受け取ることはできません

水道管の破裂・破損などによる水漏れ・水濡れ被害

水道管の破裂や破損自体は、上記記載のような事象がない限りは、原則火災保険の補償を受けることはできません。しかし、水道管破裂や故障による水漏れ被害は、火災保険で補償されます。

  • 自宅天井の水道管が破裂して水漏れが発生した
  • 水道管が破裂して自宅の床が水浸しとなって被害が発生した

などの場合は火災保険で補償を受けることが可能です。

簡単にまとめると、

  • 水道管自体の破裂の修繕費用は、原則として火災保険では補償されない
  • 水道管が破裂したことによって発生した水濡れ被害は補償される(二次被害は補償されるイメージ)

となっています。もしも水道管が破裂して、「自宅の壁や床、家財など」が被害にあった場合には、火災保険の補償を受けることができます。

しかしこれらの被害は、火災保険の『水濡れ補償』に加入している場合に限って、火災保険の補償を受けることができるため、注意が必要です。

水道管破裂による『水漏れ被害と水濡れ被害』の違いとは
  • 水漏れ:水道管などの旧排水設備のひびなどによって発生する『水が漏れる被害』
  • 水濡れ:水漏れによって、保険対象物が『水に濡れて』発生する被害のこと

水漏れ被害(みずもれ)は、『トイレや水道管など』が詰まったり割れたりして発生する『水が漏れる』被害のことを水漏れ被害といいます。

水濡れ被害(みずぬれ)は、水漏れが発生した際にあふれた水によって、建物や家財が『水に濡れて発生する』被害のことを言います。

水道管から水などが漏れることによって、水濡れ被害は発生します。

>>火災保険で水漏れ被害についてはこちら

水道管が火災保険で補償されない事例

火災保険で水道管が補償されない事例として、以下のものがあります。

  • 老朽化による水道管の破裂
  • 水道管自体の破裂などの被害

原則火災保険で水道管の被害は補償されないので、水道管に被害が発生した場合には注意が必要です。

老朽化による水道管の破裂

水道管の老朽化による破裂などの被害は、火災保険では補償されません。『破裂』と聞くと、火災保険の『破裂、爆発で補償されるんじゃないのか?』と思う方もいらっしゃると思いますが、火災保険の『爆発・破裂』の補償は、気体の爆発や破裂の場合のみ、火災保険の補償を受けることができます。

水道管の破裂は、気体の爆発ではないため火災保険で補償を受けることはできません。

火災保険の爆発・破裂補償とは

火災保険の『爆発・破裂』補償とは気体、または蒸気の急激な膨張によって発生した爆発や破裂などによる被害を保証する物です。具体的には

  • カセットコンロのガスボンベが爆発した
  • 自宅のスプレー缶が破裂した
  • ガスが充満して家が爆圧した

などが補償されます。

『気体や蒸気』膨張や爆発によってのみ補償されるので、水道管の破裂は補償されません。

水道管自体の破裂などの被害

原則、水道管自体の破裂は火災保険の補償を受けることができません。水道管の破裂は老朽化していようとしていなかろうと、原則火災保険の補償を受けることはできません(水道管凍結修理費用保険という特約に入っている場合は、一定額補償されるケースもある)。

仮に自宅に水道管破裂による水濡れ被害が発生した場合、水濡れ被害は補償されますが、水道管は補償されないので、私費で修理費用を負担する必要があります。

まとめ:水道管自体の修理には使えないが、水濡れなどの二次被害には火災保険が使える!

この記事のまとめ
  • 火災保険で水道管の修理は基本的にはできない
  • 『水道管凍結修理費用保険』という特約が存在して、加入している場合は補償される
  • 水道管破裂による水漏れ以外も、火災保険で補償される

火災保険で水道管の修理は原則できませんが、『水道管凍結修理費用』が特約として存在しており、尚且つ加入している場合は補償を受けることができます。

ご自宅の水道管に被害が発生した際には、この『水道管凍結修理費用特約』が存在しており、尚且つ加入しているか確認をしましょう。