火災保険は雨漏り修理も適用される?経年劣化との見極め方

火災保険で雨漏りを治せるか、インターネットで調べると

  • 火災保険で雨漏りの申請ができる!
  • 申請ができない場合もある

など、この記事を読んでるあなたは、火災保険で雨漏りの申請をしたいけど、ご自宅の雨漏りが結局火災保険で直せるのか、不明な方が多いのではないでしょうか?

本記事では、火災保険で雨漏りがなおせるのか、なおせない場合はどのような場合なのかをまとめています。

火災保険で雨漏りを治したいけど、結局答えがわからない方が、答えを出せる内容になっています。

また、リペマでは「ご自宅の雨漏りは火災保険で治せるのか」無料でご相談を受け付けております。治せるのか不明な方は、是非無料相談よりご相談ください。丁寧に対応させていただきます。

火災保険は雨漏り被害も適用されるのか?

火災保険は雨漏りの被害も適用されます。ただし、雨漏りの被害として適用するには条件があります。

雨漏りにも様々な原因があり、「台風、大雨、ゲリラ豪雨」など自然災害の『風災』による被害と判断された場合のみ適用されます。

雨漏りの大半の理由が屋根周りの影響ですが、屋根周りは見積もり額も高価格(足場を組むため)になりがちなため、保険会社はより一層詳しく見て否認しようとするケースが多いです。そのため、経年劣化は当然NGですが、誤った判断を保険会社にされないように適切な調査、見積書・報告書の作成をしてくれる業者に依頼することが重要となります。

火災保険が適用される雨漏り修理の条件

火災保険が雨漏りの被害として適応される条件は以下の2つになります。

  • 「風災、雪災、雹災、地震」による被害
  • 被害から3年以内に申請する

「風災、雪災、雹災」による被害である

風災や雪災、雹災が原因の損害は火災保険が適用されます。また雨漏り以外にも「台風で瓦がずれた」や「雹が降ってきて、窓に穴が空いた」など、自然災害による損害であれば雨漏り以外でも、多くの損害が火災保険の対象範囲となっています。

ゲリラ豪雨や台風によって生じた雨漏りも申請できる

ゲリラ豪雨や台風は「風災」として扱われるため、ゲリラ豪雨や台風によって生じた雨漏りも、火災保険の申請をすることが可能です。

雨漏りの修理が必要になってから3年以内に申請する(≒被害から3年以内)

保険金の請求期限は、損害が発生してから3年以内と設定されています。被害発生から3年以内であれば申請は可能ですが、遅くなると、原因の特定などが難しくなるため、早めに申請することをおすすめします。

火災保険が適用されづらい雨漏り修理

雨漏り被害が火災保険として認められないケースは、以下の2点です。

  • 経年劣化が原因による雨漏り
  • 建物の初期不良や、リフォーム不良による雨漏り

経年劣化による雨漏り

雨漏りの原因が経年劣化の場合、風采や雪災など自然災害は関係ないため、火災保険は適用されません。

火災保険は、自然災害によって発生した損害を補償するためのものなので、損害の原因が自然災害以外の場合は、火災保険は使うことができません。

初期不良や修繕時、リフォーム時の不良による雨漏り

初期不良やリフォームが原因による雨漏りも、火災保険は適用されません。新築の初期不良や、建物の修繕、リフォームによる雨漏りは、自然災害ではなく人災として扱われるため、火災保険は適用されません。

しかし、初期不良の場合は、新築から10年以内に雨漏りが発生した場合、建設会社に無償で修理依頼をすることができます。修繕やリフォームの場合も同様で、業者に依頼をすることで解決する可能性があります。初期不良やリフォーム時の不良は、建設会社や担当業者に連絡をしましょう。

火災保険の種類|金額によっては保険料が受け取れない場合もある

火災保険の種類によっては、保険金が受け取れない場合があります。雨漏り被害で火災保険を申請する際には、加入している火災保険のプランを確認しましょう。

今回は、以下の2つのケースについて解説していきます。

  • 免責方式のケース
  • 損害額20万円以上のケース

免責方式のケース

免責方式の場合、被害総額が免責金額以下だった場合、給付金を受け取ることができません。この場合は、自費で修理費用を負担する必要があります。

例を挙げると、免責金額が10万円で被害総額が15万円の場合、5万円の給付金を受け取ることが可能です。

免責金額が10万円で被害総額が8万円だった場合は、被害総額が免責金額以下のため給付金を受け取ることができません。

損害額20万円以上のケース

損害額20万円以上型の場合は、被害総額が20万円以上になってしまえば、保険料を上限いっぱいまでもらうことができます。

例えば、被害総額が19万円だった場合は給付金はもらえず、被害総額が40万円だった場合は、40万円を給付金として受け取ることができます。

雨漏り被害を火災保険で申請するための流れ

火災保険を申請する際は、以下の流れになります。

1火災保険申請サポート業者に連絡する
2現地調査をして被害状況を確認し、資料を作成してもらう
3保険会社に連絡し、申請書類を提出する
4保険会社が調査し、保険金が振り込まれる

>>火災保険申請の流れの詳細はこちら

火災保険が使える雨漏り被害でよくある質問

雨漏りでできたクロスのシミは火災保険申請できる?

申請できます。ただし、被害の原因が風災による雨漏りでクロスにシミができた場合のみ、申請をすることができます。また、風災が原因の雨漏りによって建物や家財に生じた被害は、火災保険をまとめて申請することが可能です。

風災が原因の雨漏りの例
「突風によって屋根の瓦がずれて、そこから雨漏りが発生した」など

中古住宅での雨漏りも火災保険申請できる?

中古住宅でも火災保険は適用されます。ただし中古住宅の場合でも、自然災害が原因による損害でなければなりません。中古住宅の場合は、自然災害ではなく、経年劣化や不良・不具合の可能性もあるので、専門家に調査してもらうことを強くおすすめします。

雨漏りによる家財の被害も火災保険申請できる?

家財も雨漏りによる被害であれば火災保険は適用されます。ただし、雨漏りに関わらず家財に関しては、被害があったときに撤去などをしてしまう前に、必ず写真撮影や、日時のメモ、できれば、どこから雨漏りが発生しているのかだけ(天井のどこらへんから漏れてきたのかなど)でも特定し、写真撮影をしておくと証拠になるので、申請をする際に家財の申請もできるようになります。

雨漏りが窓枠から発生している場合も火災保険申請できる?

窓枠の場合、窓の形状によっても判断が分かれるケースが多く、経年劣化・自然災害被害による水漏れと判断が別れます。

特に、コーキング割れが原因よると判断された場合は、ほぼ経年劣化と判断されます。
逆に、壁のクラック、屋根のサイディングや瓦のひび割れは、飛来物による被害=風災と判断されるケースも多いので、この場合は火災保険適用と判断されルケースも多いです。

このようにかなり判断が難しい事例にもなるので、原因特定が重要視されます。

『火災保険は雨漏り被害も適用される?条件や注意点を徹底解説』まとめ

  • 雨漏りによる被害は、自然災害が原因の場合は火災保険が適用される
  • ゲリラ豪雨や台風も「風災」になるため、火災保険が適用される
  • 火災保険の種類によっては、適用されない場合もある
  • 雨漏りによるシミや中古住宅の場合でも「自然災害が原因」による被害であれば、火災保険が適用される