火災保険で壁紙が破れた場合やクロス張替えは補償される?

火災保険壁紙・クロス張替え

クロスの被害や子供が壁に落書きをしてしまった際に、火災保険で修理ができればかなりお得に修理をすることができますね。

実際に火災保険で壁紙の修理をすることは可能ですが、できる場合とできない場合があるので、本記事にて一緒に学習していきましょう。

また、火災保険でクロスや壁紙の補償を受けたい場合は火災保険申請サポート業者を使って依頼することをお勧めします。実際に給付金がより多く手元に残る可能性があります。
是非、下の『無料相談はこちら』よりいつでもお気軽にお問い合わせ下さい!スタッフが丁寧に対応させていただきます!

>>火災保険でリフォーム・修繕を考えている方はこちら

この記事に書かれていること
  • 火災保険でクロス張替えは補償される
  • 火災保険でクロス張替えが補償されるケースとされないケース

火災保険で壁紙が破れた場合のクロス張替えは補償される!

火災保険でクロス張替えやひび割れは補償されます。しかし、補償を受けるには以下の2つを満たしている必要があります。

  • 不測かつ突発的な事故もしくは破損や汚損などの特約に加入している必要がある
  • 被害発生から3年以内

『不測かつ突発的な事故、もしくは破損や汚損』とは日常生活の中でうっかり起こしてしまった破損や汚損、子供が偶然物を壊してしまったなどの被害を補償する特約です。実際によくある被害として

  • 自分で引っ越ししていてうっかり物を落として傷つけてしまった
  • ふらついて窓ガラスを割ってしまった
  • 子供がボール遊びをしていて物を壊してしまった
  • 子供がクレヨンで壁紙に落書きをしてしまった

などが該当します。

また、火災保険の申請期限は被害が発生してから3年以内と保険法によって定められています。よって被害にあったら3年以内に申請をしなければなりません。

しかし、年数が経つにつれて被害原因の特定は困難になるため、被害にあったらすぐに火災保険申請サポート業者を利用して火災保険の申請をしましょう。

壁紙・クロスの落書きは補償されるか変わるケースがある

壁紙への落書きは、

  • ペンキでの落書き
  • スプレーでの落書き
  • クレヨンなど子供による落書き

大きくわけて、この3つに分かれます。

どれも被害の予測は出来ないとして火災保険で補償されるケースが多い被害になります。

ただし、落書きが少量であり、第三者が見ても景観を損ねていないなど客観的に判断された場合、緊急度が低いと判断され、火災保険による補償を受けられないケースも存在します。

保険会社目線での客観的判断になるため、分かりやすい基準で表現するのであれば、「目立たない・生活に支障が出ない・落書き範囲が狭い」などは補償されない恐れがあるので注意が必要です。

火災保険で壁紙の破れた場合やクロス張替えが補償されないケース

火災保険でクロス張替えやひび割れが補償されないケースとして以下のような場合があります。

  • 経年劣化による被害
  • 故意にクロスに被害を与えたり、過失の場合
  • 被害総額が免責金額以下の場合
  • ペット(猫や犬)による被害の場合
  • 壁紙に発生したカビ

火災保険は自然災害や不測かつ突発的な事故、破損や汚損を補償する物であって、経年劣化や故意に被害を起こした場合は補償されません。

また、自然災害や不測かつ突発的な事故、破損や汚損の場合でも被害金額が免責金額以下の場合は火災保険の補償を受けることはできません。

免責金額とは『この金額の被害までは自己負担しますよ』という基準のようなもので、人によって設定している金額は異なります。ここ数十年間保険の見直してをしていない場合、多くの方の免責金額は20万円で、最近見直しをした方は金額が違う場合があります。免責金額がわからない場合は保険会社に問い合わせて確認しましょう。

ペットの犬や猫による壁紙破れや傷の被害は補償されない

猫やペットが壁紙に引っ掻き傷などをつけた場合は火災保険では補償されません。

ペットによるは突発的な場合でも機能の低下には繋がらないとされ、火災保険による補償を受けることはできません。また、火災保険上では「子供」による被害は予測できないが、「ペット(犬、猫など)」による被害は予測できると判断される場合が大半です。

火災保険で壁紙に発生したカビは補償されない

火災保険で壁紙に発生したカビは補償されません。

カビは湿気によって発生することが多いですが、この湿気は定期的な換気などをすることによって未然に防ぐことができるため、火災保険では補償されません。
つまり、保険会社からすると、「予想できるし、防げたよね」という判断をされるのです。

賃貸の場合、火災保険でクロス張替えや壁紙の破れた場合は補償される?

賃貸の場合は火災保険ではなく、

  • 借家人賠償責任補償
  • 個人賠償責任補償

のどちらかに加入をしていることで、火災保険の補償を受けることができます。

これらの保険はさまざまな被害を補償してくれるため、賃貸物件に住んでいて補償に加入していない場合は、保険内容の見直しをお勧めします。

壁紙・クロス被害の火災保険申請方法・流れ

STEP.1
まずは被害状況の確認をする

まずは安全が確認できた段階で、被害状況の確認からしましょう。

壁紙やクロス被害の多くは、うっかりつけてしまった傷や子供が落書きをして汚してしまうなどが多いです。壁紙やクロスに被害が発生した場合には最初に

  • 被害箇所の写真
  • 被害発生日時と原因(特定が可能な場合のみ)

これら2つはメモに残しておくことをお勧めします。給付金の受け取りまでスムーズに進めることができるでしょう。

※被害の自覚症状がない場合はSTEP2へ(実際リペマにお問い合わせ頂いた9割以上は被害の自覚症状がないお客様です)

STEP.2
火災保険申請サポート業者に連絡をする
火災保険申請サポート業者に連絡をしましょう。

火災保険申請サポート業者は非常の多いため、どの業者がご自身に合うか判断は非常に難しいです。

そのような場合はリペマの一括比較にて、火災保険申請サポート業者の比較をすることをお勧めします。

STEP.3
火災保険申請サポート業者による現地調査と資料作成
火災保険申請サポート業者による被害状況の調査を行います。ここで申請できる箇所をしっかりと調査いたします。不測かつ突発的な事故による被害は火災保険の補償を受けられるか受けられないか、ご自身で判断するのは非常に難しいでしょう。

しかし火災保険申請サポート業者の無料調査を利用することによって、火災保険の補償を受けられるか受けられないかの判断をすることが可能です。

申請可能となった場合、調査終了後に見積書の作成など申請に必要な書類の一部を作成致します。

>>これ以降の火災保険の申請方法・流れはこちら

『火災保険で壁紙が破れた場合やクロス張替えは補償される?』に関するまとめ

  • クロスの張替えやひび割れは不測かつ突発的な事故もしくは破損や汚損などによる被害でこれらの特約に加入している場合に限って補償を受けることができる
  • 経年劣化や故意に損害を起こした場合は火災保険の補償を受けることができない

クロス張り替えや壁紙修理は『不測かつ突発的な事故もしくは破損や汚損などによる被害でこれらの特約に加入している場合』にのみ補償を受けることが可能です。ただし、突発的な事故や不測な事故は判断が非常に難しいため、被害にあった際には火災保険申請サポート業者の無料調査を使って専門家に調査してもらうことをお勧めします。