火災保険の保険金が見積もりより多い時、少ない時は?

火災保険見積もり多い時・少ない時

修繕見積書の金額と、実際におりる保険金は必ずしも一緒ではありません。申請した金額より多く保険金がおりることや、逆に減額され少ない保険金がおりることもあります。
今回は、保険金が見積もり金額と違った場合、どうなるのか、事例込みで紹介していきます。

この記事に書かれていること
  • 保険金が見積もりより多い時の対処法、またその事例
  • 保険金が見積もりより少ない時の対処法、またその事例

※簡単な条件あり

火災保険の保険金が見積もりより多い、少ないことはよくある

保険会社は、被害状況を参考に保険金を決めるため、見積もり金額とおりる保険金が同じになることは多くないです。
火災保険申請の多くが減額され、見積もり金額より少ない保険金がおります。
経験が多い業者であれば、保険会社とうまく交渉し、なるべく減額されないようにしっかりと対応してくれるので、業者選びはしっかりと行いましょう。

火災保険の保険金が見積もりより多い時の対処法

確率は低いですが、見積もり金額よりも多くの保険金がおりた時は、なにもしなくて大丈夫です。
保険会社が、申請した金額に対して「もっと保険金を支払うべき被害」だと判断しただけです。

火災保険が見積もりより多くなった事例

民間火災保険会社に加入している戸建てのお客様は、修繕見積金額を約120万円として申請しましたが、約150万円の保険金がおりました。
屋根修理工事の一部の金額が追加され、約30万円の増額になった例もあります。

火災保険の保険金が見積もりより少ない時の対処法

保険会社から減額を予告された場合のみ、対処できる可能性があります。電話などで「100万円の申請でしたが、50万円になります」といわれた場合、減額の理由を聞いた上で、その場では承諾せずに、現地調査にいったサポート業者にその内容を伝えてください。ちゃんとしたサポート業者であれば、保険会社に交渉してくれる可能性があります。

火災保険が見積もりより少なくなった事例

雨漏り被害に合った戸建てのお客様が、台風による被害とし250万円申請したところ、足場代の見積もり金額を減額され、220万の保険金になってしまった例もあります。もちろん、数百万の申請が経年劣化と判断されて否認されたケースもあります。

保険会社は基本、見積もりより少なくしようと交渉してくる

保険会社も、あの手この手を使って減額させにきます。
鎌をかけるような質問をしたり、なにかと理由をつけて経年劣化と決めつけることもあります。
保険金を減額されないためにも、修繕見積書や被害箇所報告書などの提出書類を、丁寧にしっかりと作ってくれるサポート業者に依頼しましょう。

まとめ

この記事のまとめ
  • 見積もりより少なくなることは多い
  • 見積もりより多くなることはあまりない
  • 保険会社は、保険金を少なくしようとするので、ちゃんとした業者を選ぼう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です