火災保険で虚偽申告をするとどうなるの?虚偽申告をする悪徳業者に注意!

「火災保険で虚偽申請をする業者がいるって聞いたけど、それってバレるの?バレたら自分も罪に問われるの?」

火災保険を使った虚偽申請や水増し請求が後を経ちません。本来申請サポート業者は、真っ当なサポートをしなければならないのに、そのサポート業者が虚偽申請をしている可能性があるとしたら、安心して依頼できないはずです。

本記事に書いてある内容に、少しでも当てはまったら虚偽申請をしている可能性があります。その場合は、すぐに調べたり、無料相談を利用しましょう!

場合によっては、あなたも共犯者になるかもしれません。

また、「自分が詐欺に遭っているかも」と思った際には、「無料相談・質問をする」より、ご相談ください!丁寧に対応させていただきます!

火災保険の「虚偽申告・不正請求」と「水増し請求」何が違う?

「虚偽申告・不正請求と」「水増し請求」の違いは、以下のようになります。

  • 虚偽申告・不正請求:被害がないのにも限らず申請すること(被害を自作自演して申請することも含む)
  • 水増し請求:被害があった場所の申請金額を偽って申請する

虚偽申告・不正申告は「被害がないのにも限らず、被害があったかのように申請すること。悪質な場合は、被害が無いのに自分で壊し自然災害の被災箇所と偽って申請することを」を示します。

対して、水増し請求は「被害箇所の被害金額に、余計な金額を上乗せして請求すること」を示します。

水増し請求に多いのは、「コーキング剤の経年劣化も一緒に請求する」のような、被害があった場所に加えて、経年劣化が原因の別の箇所も一緒に申請するケースが多いです。

コーキング剤とは

お風呂のタイルやキッチンのシンクの隙間を埋める際に使用するクリーム色の柔らかいもの(イメージは、輪ゴムを放置して月日が経つとちぎれますよね。それと同じです)

ポイントになるのは「実際に被害があるかないか」の違いになります。

>>火災保険の水増し請求についてはこちら

火災保険の虚偽申告では給付金は降りない

火災保険の虚偽申告をすると、給付金を受け取ることはできません。仮に虚偽申告をしたとしても、簡単にバレてしまうため、申請する際は正しい内容で申請をするようにしましょう。

火災保険の虚偽申告をするとどうなる?

虚偽申告をすると、保険金詐欺罪に該当する恐れがあり、その場合は損害賠償責任などを負うこととなり、結果として大きな損失を被ることになります。

また虚偽申請をしたつもりがなくても、調査会社が無断で虚偽申請(見積もりに入れるべきではない箇所も自然災害箇所と偽り申請しているケースなど)している場合もあり、お客様と工務店の1対1で進める申請では、そのようなことがないか見極める力も必要になってきます。

知らないうちに、保険金詐欺に加担することがないように、リペマでは

  • 調査会社の吟味をする(比較をする)
  • 見積もり書が問題ないかを判断する(第三者の目を通す)

を重要視し、サポートを行っています。

そもそも、なぜ不正請求が横行しているのか

火災保険は損害保険に分類されるもので、「自然災害などで起きた被害を元の状態に戻すため」の保険です。被害を戻すために申請をするものなので、真っ当なものなわけですが、悪徳業者はどさくさに紛れて、「経年劣化による被害」も申請をしているのです。

保険会社は、申請があった場所に調査しに行き、申請内容に間違いがないかをしっかりと判断した上で、保険金を支払えばいいのです。ところが、実際には調査する人員は不足しているため、書類上問題がなければ「この申請は正しいもの」と判断してしまうことがあり、書類を受理してしまうのです(ただ、その逆でしっかりとした被害にも関わらず、経年劣化と判断するケースもあるので、その際は「納得行かない」として正しい対応をしましょう)。

この盲点をついたのが、不正請求に該当します。

流れを説明すると、以下のようになります。

  1. 悪徳業者が調査しにくる
  2. 調査結果に「経年劣化による被害」もどさくさに紛れて不正申請をする(自作自演で故意に破壊するケースもある)
  3. 保険会社は調査人員を全物件に送れないため、内容が正しいと判断し書類を受理する(調査に来たらほぼ確実にバレます)
  4. 受理された結果、不正金額が支払われる

調査人員が来ないことを利用して、簡単に不正内容を申請できていたため、不正請求が横行していたのです。

現在では、なるべく時間が遅延してでも調査に行くように保険会社もしているのが実情なので、

おそらく殆どのお客様(リペまでは5~7割ほど)に調査が発生し、簡単にバレてしまうので、絶対に不正請求や虚偽申告は行わないようにしましょう。

>>火災保険申請の結果に納得いかないときの対処法はこちら

火災保険の虚偽申告の例

火災保険の不正申告の例として、以下のようなものが挙げられます。

  • 経年劣化箇所を故意に申請
  • 故意による損害
  • 焼け太り行為(簡単に言うと、二重請求のような事)
  • 虚偽内容で申請

経年劣化箇所を故意に申請

経年劣化は火災保険の補償対象外となっています。

しかし、経年劣化による被害をあたかも「自然災害が原因」と偽って申請する悪徳業者がいます。

現在では、火災保険の申請をすると保険会社から調査員が派遣されます。調査員もプロなわけですから、経年劣化の被害を簡単に見抜きます。

経年劣化による被害は「火災保険の補償対象外で、申請したとしてもすぐにバレて、場合によっては犯罪になる」ということを、把握しておきましょう。

ただし、100%自然災害と経年劣化を見極められない(人の目を通している以上必然)のも事実なので、その場合報告書に「判断が難しいが、打痕があるので風の被害と判断し申請項目に入れました」など…正直にかつ理由も含めて申請してくれる業者かどうかの判断も必要です。

故意による損害

故意による被害も、経年劣化による被害と同様で派遣された調査員に、すぐにバレてしまいます。

故意による損害もすぐにバレて、場合によっては犯罪になるということを、把握しておきましょう。

子供が壊した時は破損・汚損補償が適用される

お子さんがいる家庭では、子供が部屋の中でボール遊びをしていて、家財が壊れてしまう場合があります。お子様が偶然家財を壊してしまった場合は、破損・汚損補償が適用されます。破損・汚損被害の例として、以下のようなものがあります。

  • 子供が遊んでいてテレビを壊してしまった
  • 子供のボール遊びで照明器具を壊してしまった

また、テレビ以外にもエアコンやパソコンも、補償対象となっています。

ただし、火災保険の補償内容の「突発的事故(他の表現もあり)」に加入している必要がありますので注意が必要です。

焼け太り行為

焼け太り行為とは、複数の火災保険に加入しているケースに起こりうる話です。火災保険は、保険会社Aと保険会社Bに加入している際に、火災保険申請をどちらにもすることが可能です。その際、「申請書類に他に申請している保険会社があるのか」を明記する箇所があるのですが、意図的に「ない」として申請することを焼け太り行為と表現します。

実際に、保険会社間でも、申請情報の共有はされるのですがミスは起こりうるでしょうし、二重で降りることもあるかもしれません。しかし、それは虚偽申告に該当するので辞めましょう。

そもそも複数の火災保険会社と契約するメリットはあるの?

リペマでは、「無い」と思っています。生命保険などと異なり、複数加入していても複数から給付金をもらうことは出来ないためです。例えば、100万降りる被害の場合、保険会社Aが30%、保険会社Bが70%を負担するというように、保険会社間でルールが定められています。保険会社からすると、『保険料はもらえ、負担は減る』のでメリットはありますが、契約者にとってはメリットは無いのではと思います(支払総額に差分は発生しないため)。

弊社の事例で言いますと、民間保険会社と共済に加入されている方が多いです。

虚偽内容で申請

被害が無かったのにも限らず、給付金を受け取る目的で申請することも、違法行為になります。この場合は、調査員が来たら一目瞭然でわかります。また、業者と口裏合わせをして申請したとしても、犯罪になるので絶対にやらないようにしましょう。

火災保険の虚偽申告をする悪徳業者に注意

火災保険の虚偽申告をする悪徳業者は、以下のようなケースがあります。

  • 火災保険が必ず適用できると言ってくる業者
  • 不要な工事も勧めてくる業者

保険金自体、絶対に降りるというわけではありません。「絶対・必ず」などのキーワードには、紛らわされないようにしましょう。また、訪問販売に、詐欺のケースが多いです。真っ当な訪問販売をしている業者もあるとは思いますが、訪問販売にて火災保険の勧誘を受けた場合には、その場で契約はせず、インターネットなどでしっかり調べてから、判断するようにしましょう。

>>火災保険を使った詐欺に関する詳細はこちら

『火災保険の虚偽申告・不正請求』まとめ

  • 火災保険の虚偽申告は違法行為になる
  • 火災保険の虚偽申告をする悪徳業者には注意

火災保険の虚偽申請は絶対にしてはいけません。業者と口裏合わせをしたとしても、犯罪になります。火災保険の申請をする際は、信頼できる業者に依頼をし、損害箇所のみを申請しましょう。

リペマでは、お客様にあった工務店やお客様の状況に合わせたご対応をさせていてただいております。また、安心して依頼できるよう、土日祝日の対応や、顧問弁護士も設けております。少しでも不安があれば、「無料相談・質問はこちら」より、いつでもご相談、お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です