火災保険申請サポートとは?サービスの特徴を徹底解説

火災保険申請サポートとは?

火災保険申請のサポートとは、火災保険の申請における難解な部分を、専門家が手助けするサービスのことです。

火災保険の申請には、特殊な知識が多々求められ、事故の原因等を適切に伝えられないと、保険金が大幅に削減されたり、最悪の場合給付金が全く受け取れない可能性もあります。

▶︎林先生も知らなかった!?もっとも損をしているのは火災保険!

火災保険申請サポートの評価はどうなのか?また、それは違法なのか?

火災保険申請サポートは、決して違法なサービスではありません。

さらに、リペマでは、弁護士が法律チェックを行い、法律に準拠した業務を展開しています。

比較的新規のサービスであるため、まだ認知されていない方が多く、インターネット上には様々な評価が散見されます。
不良な評価の大部分は、倫理に欠ける業者から生じているため、どの業者を選ぶかは慎重に判断が必要です。

「申請サポート」と「申請代行」の違い

「申請サポート」と並んで「申請代行」という言葉も存在します。
これらの語彙は似ているものの、2つの間には大きな相違点が存在します。

それぞれの差異は以下のとおりです。

火災保険申請サポート 火災保険申請代行
損害調査や書類作成等の支援
(申請を行うのは契約者本人)
書類準備や記入、申請全体を代行。
違法性なし◎ 違法行為

火災保険申請サポートに違法性は全くありません。

リペマの火災保険申請サポートの特徴

火災保険の申請は特別な知識を必要とするため、困難な部分が多いです。

リペマの火災保険申請サポートでは、理にかなった保険金を適正に受け取ることができるように、主に次のような支援を提供しています。

無料の損害調査(被害箇所の特定)

調査料は無料です

申請対象となる被害が存在しないか、建築物を詳細に調査します。
自身で認識していない被害でも、専門家によるチェックで隠れた被害が発見されることがよくあります。

火災保険に関しては、多数の人々が保険料を無駄にしているというのが現状です。

その主な理由として以下の2点が挙げられます。

  • 火災保険の補償範囲を理解していない
    (火災だけでなく、他の多くの被害も補償対象)
  • 多くの人々が被害に気づいていない
    (加入者自身が被害を発見する必要がある)

補償対象となる被害を見落としていることが多いため、早めに発見し、適切に保険申請を行うべきです。
被害箇所とともに原因を特定することで、再発を防ぐことにもつながります。

書類作成(被害日や原因の特定)

書類作成も無料です

申請対象となる被害が見つかった場合、見積もり等の書類を作成します。
通常のリフォーム見積もりとは異なり、補償内容に基づいて作成する必要があります。

資料の内容によって、認定結果に大きな影響が出ます。

作成する書類は以下の2つです。

  • 被害の見積もり
  • 被害報告書

この際、被害が発生した日や原因を特定することが必要です。
過去の被害(時間が経過しているもの)は、証明が難しくなります。

リペマの手数料について

リペマの手数料についてリペマの手数料は、保険金全額に対して33%のみとなっております。

手数料は保険金が受け取れた場合のみ頂戴しております。
初期費用等は一切発生しませんので、ご安心ください。

また、手数料と同様に重要なのは、認定率(保険申請が認可される確率)です。
たとえ手数料が低くても、もし認可されなければ、最終的には手元にお金が残りません。

無根拠な被害まで保険申請を行う(資料にまったく論理が書かれていない)ような業者も多く存在します。 そのため、ホームページに掲載されている過去の実績や、Googleの口コミなどを参照して、信用できる業者を選択することが大切です。

\ 給付金事例多数 /

火災保険申請サポートの必要性について

火災保険申請サポートの重要性

火災保険の保険金請求は公正と言えるのでしょうか?

生命保険などは医師(専門家)の診断結果に基づき申請を行います。
しかし、なぜ火災保険では、保険会社の査定だけで結果が決まるのでしょうか?

多くの加入者は、保険や建築に関する知識を持っていないのが普通ですが、自らが保険会社に対して事故原因等を証明しなければなりません。
従って、火災保険の申請は明らかに加入者にとって不利な状況と言えます。

実際、リペマのには、以下のような相談が大量に寄せられています。

  • 台風で雨漏りしたのに給付金が受け取れなかった
  • 保険会社に相談したら突如、不愉快な対応をされた
  • 一度も調査していないのに電話で給付金が出ないと言われた

保険会社から否定的な回答を受けると、多くの人々が仕方なくあきらめてしまうというのが現状です。

加入者も専門家の助けを借りて、適正な保険申請を進めましょう。

\ 給付金事例多数 /

火災保険の不払い問題

保険金不払い問題

過去には、保険会社が給付金を支払わない問題が、大きな社会的な議論を巻き起こしたこともありました。

今日でも、保険会社は大規模な災害が起こった直後であっても、その情報を加入者に積極的に伝えることはあまりありません。

その理由は、被害を発見し報告するのは加入者の役割であると、彼らが考えているからです。

つまり、保険契約を結んでいる人から何も申請がこなければ、保険会社は何も動かないというスタンスをとっているのです。

これがいわゆる「申請主義」ですが、このシステム自体には大きな問題が潜んでいると言えるでしょう。

また、保険に加入した際の説明が十分でないことも問題です。
その結果、具体的な補償内容をしっかり理解していない人が多く、そのまま申請が漏れてしまっている可能性もあります。

補償内容を理解することは、保険を活用する上で非常に重要なことです。
そこでないがしろにされてしまうと、本来受けるべき給付金を得ることができず、悔いが残ることになるかもしれません。

▶︎【2023年6月最新版】火災保険ワーストランキング!不払いや払い渋りって何?

▶︎火災保険の払い渋りとは?不払い問題について徹底解説

鑑定人は保険会社の味方?

保険会社 と 鑑定会社 の 怪しい 関係性 !? 鑑定人 とは?

火災保険の査定は、主に外部の鑑定機関や保険会社の内部鑑定人によって進められます。
彼らの査定結果がほとんど最終的な判断基準となると言えます。

そこで疑問に思うことが一つ。
この鑑定人たちは、果たして加入者と保険会社、どちらの側に立っているのでしょうか?

実は、鑑定人は保険会社から報酬を受け取り、調査を行う立場にあります。
この事実を考えると、加入者からすれば彼らが自分たちの側に立つとは考えにくいかもしれません。
報酬を出す保険会社により近い立場から査定が行われると感じることは、決して不自然ではないでしょう。

さらに、鑑定人が提出する「経年劣化(補償対象外)」といった否定的な意見についても、すぐに納得する必要はありません。
鑑定人という肩書きに圧倒されることなく、自分たちの立場から論理的な主張をしっかりと繰り広げることで、査定結果を変える可能性があります。

▶︎保険会社と鑑定会社の怪しい関係性!?鑑定人とは!?

\いくら助成金がもらえるか診断できる/

給付金の請求は加入者の権利・申請期限に注意

火災保険の申請に対して迷いや不安を感じる必要は全くありません。
あなたが被害を受けた場合、給付金の申請を行うのはあなたの当然の権利です。
自分の保障を守るために、遠慮せずにその権利を行使するべきなのです。

前述したように、鑑定人の意見や保険会社からの否定的な反応に流されることなく、自分の立場をしっかりと主張することが大切です。
そしてそのためには、専門的な知識と経験を持ったプロのサポートを活用することが非常に効果的です。

私たちは、火災保険の申請漏れを防ぎ、あなたが適切な保険金を受け取ることができるよう、全力でサポートします。

火災保険申請の請求期限は3年?時効を過ぎると請求できない! | 給付金申請サポート | 給付金貰うならリペマ

また、火災保険の申請には3年の請求期限が設けられていることを忘れてはいけません。
被害が発生したら、早急に調査を開始し、必要な申請手続きを進めていくことが重要です。

安心して頼れる専門家の手を借り、一緒に適切な保険金を得るための道を進みましょう。

是非、この機会に給付金の仮申請をしてみてください。

\ 給付金事例多数 /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です