屋根からの落雪で車が潰れると火災保険の対象?申請はプロに任せるべきか

「屋根から落雪で自動車や倉庫が潰れてしまった…」
「屋根から落雪で車庫が潰れてしまった…」

近年では大雪の被害が多く、屋根からの落雪が原因でこのような被害も増えています。
実は車そのものが受けた被害は、火災保険の補償の対象にはなりません。
しかし車が潰れるような大雪であれば、自宅に被害をうけている可能性は非常に高いです

今回は、車が潰れるような雪害を受けた場合に火災保険の対象となる事例や対象外となるケースについて説明していきます。
今ある被害や万が一、被害を受けてしまった際にすぐに対応できるよう確認してみましょう。

この記事で分かること
  • 屋根からの落雪で車が潰れると火災保険の対象なのか
  • 火災保険で申請できる雪害
  • 雪害を申請サポート業者へ依頼するメリット
  • 雪害の保険金がおりない場合・納得いかない場合の対処法

屋根からの落雪で車が潰れると火災保険の対象なの?

屋根からの落雪が原因で車が潰れた場合、火災保険の対象にはなりません。
車の被害は火災保険ではなく自動車保険に車両保険が付帯されていれば自動車保険で保険金の請求ができます。

しかし車が潰れるぐらいの落雪であればカーポートや雨樋など他の箇所に被害を受けている可能性が高いです。
建物の被害は火災保険が申請できることが多いので確認していきましょう。

屋根からの落雪で車が潰れ「火災保険の対象」となる事例

車が潰れてしまった場合、車自体は火災保険の対象とはなりません。

しかし落雪により車がつぶれてしまうような大雪であれば、他の箇所に被害を受けている可能性が高いです
ご自身の加入している火災保険に、「風災・雹災・雪災」の補償が付帯されていれば、雪害により建物や家財に受けた被害は補償の対象となります。

火災保険の対象となる事例

  • 雪の重みで屋根や雨樋が壊れた
  • 吹雪でアンテナが曲がった
  • 落雪でフェンスが変形した
  • 雪が積もって車庫や物置が壊れた
  • 室外機や給湯器が大雪で故障した
  • 雹(ひょう)で破損箇所がある

カーポートや物置については、「物置・車庫等も含む」という契約内容になっている必要があります。
事前に確認しておきましょう。

関連記事:【スノーダクト】は火災保険で補償される?

車が潰れるほどの雪害に遭っても火災保険の対象外となるケース

車が潰れるほどの雪害にあった場合でも、火災保険の対象外となるケースがあります。

実際にどのような場合は対象外となるのか確認していきましょう。

落雪で隣の家に損害を与えた場合

雪害は自然災害です。

自然が原因で起こったことに対して責任を問うことはできません。

自宅の落雪が原因で隣の家に損害を与えた場合でも修理代を支払う義務がないため、火災保険の対象外となります

損害額が免責金額に満たない場合

火災保険には、「免責金額」が設定されている場合があります。

修理費用が免責金額以下になる場合、保険金を受け取ることができません。

古い火災保険には、フランチャイズ方式という損害額が20万円以上であることが申請の条件と定められている契約があるため、注意が必要です。

加入されている火災保険の免責金額の設定が、どのようになっているか確認しておくと良いでしょう。

被害発生からすでに3年経っている場合

火災保険には、「被害を受けてから3年以内に申告をしないといけない」という規約があります。

被害が発生してから時間が経過してしまうと、被害の発生原因や被害を受けた日を特定することが難しくなるため経年劣化として見なされてしまいます。

そのため被害を発見した際には、速やかに申請することをおすすめします。

\無料調査実施中/

雪害を火災保険申請するならプロに依頼するべき3つの理由

今回は雪害により自宅に受ける被害の事例を確認していただきました。

雪国の方は思い当たることが多いと感じられたのではないでしょうか。

しかし被害を受けている可能性がある箇所は、屋根の上や雨樋など、確認をするには高所のため危険があります。

修理費が免責金額以下であれば、申請をしても火災保険の対象外と判断されてしまう可能性があるかもしれません。

次に火災保険の申請をプロに依頼するべき、3つの理由について説明をしていきます。

1.車やカーポート以外の被害も漏れなく申請できる

車やカーポートなどの被害は、比較的確認しやすい箇所といえます。

しかし大雪が降った場合には、屋根の上や雨樋など、確認が難しい箇所にも受けている可能性が高いです。

プロに依頼をすることで、確認が困難な高所部分の被害も調査してもらうことができます。

2.成功報酬のため保険がおりなければ費用はかからない

リペマは全国で年間5,000件の調査を実施しており、築10年以上の戸建てでは、約90%の建物で何らかの損害が見つかっています。

リペマは完全成果報酬のため、費用がかかるのはお客さまが保険金を受け取られた場合のみです。

被害を見つけた場合はもちろん、被害を受けているかどうか不安なので相談したいという場合でも、無料調査を実施しています。

ご自身では自覚がない被害を見つけられる可能性も高いため、まずはお気軽にご連絡ください。

3.資料の作成を任せることができる

火災保険を申請する際には、申請書以外に以下の書類が必要です。

  • 修理の見積書
  • 事故内容報告書
  • 自然災害であることを証明する写真

鑑定人に対し、事故原因が自然災害であることや、いつ発生した被害であるかを証明する必要があります。

火災保険申請サポート業者に任せていただくことで、これらの内容を網羅した資料を作成し、スムーズに認定されることに努めます。

\いくら助成金がもらえるか診断できる/

雪害が見つかった後に火災保険を申請する方法

内壁にヒビが見つかった時、実際にはどのような方法で地震保険を請求すれば良いのでしょうか。

以下では、請求の流れについて解説します。

地震保険の申請方法・手順

火災保険の申請方法は以下のように行います。

  1. WEBお電話からお申込
  2. 調査日の調整
  3. 現地調査
  4. 保険会社に申請(事故受付)
  5. 保険会社へ書類の提出
  6. 保険会社による審査・現地調査
  7. 結果の通知、給付金の支払い
  8. 火災保険申請サポートの報酬の支払い

【参考記事】:【火災保険申請のやり方】申請の手順や請求時のコツを徹底解説

火災保険(雪害)がおりない場合・納得いかない場合の対処法

火災保険がおりない場合でも、対処法によって降りるケースがございます。

火災保険が支払われない場合の3つの対処法
  • 追加の書類を火災保険会社に提出する
  • 保険会社のお客様センターに相談する
  • 日本損害保険協会の「そんぽADRセンター」に相談する

このように、火災保険が支払われず納得がいかない場合は上記の対処法がおすすめです。

追加の書類を提出する

火災保険会社の査定に納得いかない場合は、追加の資料を提出することが重要です。

被害を受けた箇所が自然災害が原因で火災保険の補償範囲であることを客観的に説明できる資料を用意することで、火災保険が降りる条件を満たすことがあります。

このような資料を準備することが困難な場合は、火災保険申請サポート業者に依頼して損害調査報告書を作成してもらうこともおすすめです。

保険会社のお客様センターに相談する

保険会社や代理店は担当者によって、査定の厳しさや対応が異なるケースがございます。

もし、火災保険がおりず査定内容に納得がいかない場合は、火災保険の事故受付の窓口ではなく保険会社のお客様センターに相談しましょう。

担当者だけではなく、火災保険会社全体でしっかり査定することにより、地震保険がおりることがあります。

各保険会社の窓口は下記をご覧ください。

保険会社名 電話番号
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 0120-721-101
アクサ損害保険株式会社 0120-449-669
イーデザイン損害保険株式会社 0120-063-040
AIG損害保険株式会社 0120-016-693
SBI損害保険株式会社 0800-8888-836
共栄火災海上保険株式会社 0120-719-112
ジェイアイ傷害火災保険株式会社 0120-532-200
セコム損害保険株式会社 0120-333-962
ソニー損害保険株式会社 0120-101-656
損害保険ジャパン株式会社 0120-668-292
大同火災海上保険株式会社 0120-671-071
東京海上日動火災保険株式会社 0120-071-281
日新火災海上保険株式会社 0120-17-2424
三井住友海上火災保険株式会社 0120-288-861
三井ダイレクト損害保険株式会社 0120-312-770
明治安田損害保険株式会社 0120-255-400
楽天損害保険株式会社 0120-115-603

参考:2023.05.29(そんぽADRセンター本部 運営グループ)

>>入ってはいけない火災保険ワーストランキング!危ない不払い体制の火災保険会社に要注意!

日本損害保険協会の「そんぽADRセンター」に相談する

地震保険がおりない理由や火災保険会社の査定結果に納得いかない場合は、日本損害保険協会の「そんぽADRセンター」に相談しましょう。

そんぽADRセンターの目的

わが国における損害保険業の健全な発展及び信頼性の向上を図り、もって安心かつ安全な社会の形成に寄与することを目的としている。

このように「そんぽADRセンター」は、火災保険を含む損害保険全体を管轄する団体です。

近年、損害保険各社は不祥事を起こしています。火災保険がおりず納得いかない場合「火災保険会社が査定した結果だから、しょうがない」と諦めずに「そんぽADRセンター」に相談しましょう。

ご相談や苦情・紛争解決手続にかかる費用は原則として無料ですし、中立的な立場で相談にのっていただける窓口のため、安心して利用できます。

参考:そんぽADRセンター

まとめ:屋根からの落雪で車が被害にあったら他の箇所にも要注意

屋根からの落雪で車に被害があった場合、車そのものは火災保険で補償されないことがわかりました。

しかしそのような大雪が発生した場合には、ご自身で気がつかない箇所に被害を受けている可能性が高いです。

リペマでは被害がなくても無料調査を行っております。

3年以上、調査を行っていない物件の被害が見つかる可能性は80%を超えております。

年間調査件数5000件以上の実績とノウハウで申請をサポートさせていただきます!

お気軽にリペマへお問い合わせください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です