【浄化槽の修理】火災保険で補償される?故障したらどうする?

火災保険申請浄化槽

【マンション・アパート・一軒家すべての人必見!】火災保険で浄化槽の修理をすることはできます。しかし、火災保険の補償を受けるには満たしていなければならない条件があります。

本記事にて、火災保険の補償を受ける際の条件と、実際に浄化槽が補償された事例を紹介します。浄化槽は特に「水災・風災」による被害を受けやすいですが、生活に支障も出るはずですので早期申請をおすすめします!

この記事に書かれていること
  • 火災保険で浄化槽が補償される条件
  • 火災保険で浄化槽が補償される事例
  • 火災保険で浄化槽が補償されない事例

浄化槽の修理は火災保険で補償される

浄化槽が故障した際に、火災保険を使って修理ができる可能性があります。浄化槽は給排水設備の1つとして扱われているため、火災保険にて補償されるケースが非常に多いです。

しかし浄化槽の修理を火災保険にて行うには、満たしていなければならない条件があります。

浄化槽の修理が火災保険で補償される条件

火災保険で浄化槽の修理をするためには、以下の2つを満たしていなければなりません。

  • 火災保険の補償範囲内の災害による被害
  • 火災保険の補償対象に『建物』が含まれている

これら2つをどちらも満たしていた場合に限って、火災保険で浄化槽の修理をすることが可能です。

火災保険の補償範囲内の災害による被害

火災保険の補償を受けるには、火災保険の補償範囲内の災害による被害でなければなりません。浄化槽に発生しやすい被害として

  • 強風や飛来物が当たって浄化槽から水漏れが発生した
  • 大雨が降った際の洪水によって浄化槽が故障した
  • 落雷が当たって浄化槽に亀裂が入った
  • 浄化槽が盗まれた

などが挙げられますが、火災保険では上から順番に

  • 風災補償
  • 水災補償
  • 落雷補償
  • 盗難補償

このように補償されます。

まずは、浄化槽に発生した被害原因となる災害が、ご自身の加入している火災保険にて補償されるかどうかの確認からしましょう。

火災保険の補償対象に『建物』が含まれている

次に重要なのは、自分が契約している補償対象です。

火災保険の補償対象物は

  • 建物のみ
  • 家財のみ
  • 建物と家財の両方

のそれぞれ3つに分かれています。

浄化槽は火災保険では『建物』として扱われるため、補償対象物に『建物』が入っていなければなりません。

火災保険の補償対象に『建物』が入っていない場合、火災保険の補償を受けることができないので、注意しましょう。

浄化槽の修理が火災保険で補償された事例

実際に火災保険にて浄化槽の修理が補償された事例を紹介します。

具体的には

  • 落雷によって浄化槽に亀裂が入った
  • 強風や飛来物が当たって浄化槽が割れた
  • 洪水による水災で浄化槽が故障した
  • 浄化槽が盗まれた

これら3つになります.

以下に詳細を記載します。

落雷によって浄化槽に亀裂が入った

近くに雷が落ちて、その過電流によって浄化槽に被害が発生することがあります。この場合は火災保険の落雷補償にて浄化槽を修理することができます。

浄化槽が落雷による被害にあった際には早めに火災保険の申請をすることをお勧めします。

強風や飛来物が当たって浄化槽が割れた

風災による被害も、火災保険にて補償されます。浄化槽が地面に埋まっている場合に関しては、風災による被害を受けにくいですが、むき出しで置かれている場合に関しては、風災による被害は受けやすいです。

  • 強風で浄化槽が倒れて故障した
  • 強風の飛来物で浄化槽が故障した

などは全て風災補償の範囲内なため、これらの被害にあった際には火災保険にて浄化槽の修理が可能になります。

洪水による水災で浄化槽が故障した

夏場の台風や集中豪雨による洪水で、浄化槽が故障するケースが近年多く発生しています。このように洪水による被害は、火災保険の水災補償にて補償を受けることができます。

しかし、水災補償を受けるには

  • 床上浸水、または地盤面から高さ45cm以上の床下浸水
  • 被害総額が保険価格の3割以上

これら2つのどちらかを満たしていなければいけないため、注意が必要です。

浄化槽が盗まれた

こちらもむき出しタイプのものに関しては、盗まれてしまうケースもあります。

盗難による被害は火災保険の盗難補償にて補償を受けることができます。

ただし、盗難補償に入っていない場合は火災保険の補償を受けることができないため、注意が必要です。

浄化槽の修理が火災保険で補償されない事例

火災保険にて浄化槽の修理ができない事例として、以下のようなケースが挙げられます。

  • 経年劣化による被害
  • 故意な損害や過失の場合
  • 被害発生から3年以上経っている
  • 被害総額が免責金額以下の場合

火災保険は自然災害などの被害を補償するものになります。経年劣化や故意な損害・過失は自然災害では無いため、火災保険の補償を受けることができません。

さらに、火災保険の申請は、保険法によって被害発生から3年以内に行わなければいけません。そのため、被害発生から3年以上経ってしまっていた場合は火災保険の補償は受けられないので、注意しましょう。

また、仮に自然災害による被害で、かつ被害発生から3年以内であったとしても、被害総額が免責金額以下の場合には火災保険の補償を受けることはできないので、注意しましょう。

ここで言う免責金額とは、『この金額までの修理費用は自分で負担します』という基準のようなものになります。

まとめ|浄化槽の修理は火災保険でお得にできる!

この記事のまとめ
  • 火災保険で浄化槽の修理は補償される
  • 火災保険で浄化槽の修理をするには『火災保険の補償範囲内の被害』で『補償対象』に建物が入っている場合のみ補償される

火災保険で浄化槽の修理は補償されます。しかし、火災保険の補償範囲内の災害によるもので、補償範囲に建物が入っていなければ、火災保険の補償を受けることはできません。

また、火災保険で浄化槽が補償される場合もあればされない場合もあります。ご自宅の被害が補償されるかわからない場合には、サポート業者の無料調査にて専門家に調査してもらうことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です