【壁の穴の修理】火災保険でお得にできる?

火災保険申請壁の穴

壁の穴の修理は火災保険で補償されます。しかし、火災保険の補償を受けるには満たしていなければならない条件があります。

本記事にて、火災保険の補償を受けるための条件と、実際に補償された事例を紹介します。

クロスを傷付けた場合ももちろんですが、

この記事に書かれていること
  • 火災保険で壁の穴が補償される条件
  • 火災保険で壁の穴が補償された事例
  • 火災保険で壁の穴が補償されなかった事例

壁の穴の修理は火災保険で補償される!

火災保険申請_壁の穴

上記のように、家具を移動中にぶつけて発生した『壁の穴』は火災保険を使って修理することができます。もちろん、子供が誤って物をぶつけたなど…意図的ではない理由による壁の穴は補償対象です。

日常生活を送っていて、うっかり穴を開けてしまうことはよくあると思いますが、これらは火災保険で補償される可能性があります。

しかし、壁の穴の修理を火災保険でするには、満たしていなければならない条件があるので要注意です!

壁の穴の修理が火災保険で補償される条件

壁の穴の修理を火災保険でする際には、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 火災保険の補償範囲内の災害による被害
  • 火災保険の補償対象に『建物』が含まれている

これら2つを満たしていた場合に限って、火災保険の補償を受けることができます。

これらのどちらか1つでも満たしていない場合には、火災保険の補償を受けることはできないので、注意しましょう。

以下に詳細を記載します。

火災保険の補償範囲内の災害による被害

火災保険の補償を受けるには、火災保険の補償範囲内の災害による被害でなければなりません。壁の穴の場合

  • 家具を移動していてうっかり穴が空いてしまった
  • 飛来物など、自然災害によって壁に穴が空いた

などが考えれられますが、これらはそれぞれ

  • 不測かつ突発的な事故
  • 風災補償

にて補償を受けることができます。

被害が発生した際には、被害原因がご自身の契約している火災保険で補償されるかどうか、確認からしましょう。

また、被害が発生した際には、サポート業者の無料調査を利用することをお勧めします。『不測かつ突発的な事故による被害』はご自身で火災保険申請ができるかできないかの判断は、非常に困難です。しかし、申請サポート業者の無料調査を利用することで、ご自宅の被害が火災保険申請可能かどうか、判断してくれます。

また、風災などによる小さいな被害もしっかりと調査するため、何か被害が発生した際には、申請サポート業者の無料調査を利用することをお勧めします。

火災保険の補償対象に『建物』が含まれている

火災保険の補償対象は

  • 建物のみ
  • 家財のみ
  • 建物と家財の両方

これら3つが主な補償対象となっています。

壁の場合は『建物』として扱われるため、補償対象に『建物』が入っている場合、火災保険の補償を受けることができます。

火災保険の『建物』と『家財』の違い

火災保険の建物と家財の違いは

  • 建物:簡単に動かすことができないもの、引っ越しの際に持っていけないもの
  • 家財:簡単に動かすことができるもの、引っ越しの際に持っていけるもの

という線引きになっています。壁の場合は、引っ越しの際に持っていくことはできないため、建物として扱われます。

壁の穴の修理が火災保険で補償された事例

壁の穴の修理が火災保険で補償された事例として、以下のものが挙げられます。

  • 家具を動かしていて、うっかり穴が開いてしまった
  • 自然災害によって壁に穴が開いた

以下に詳細を記載します。

家具を動かしていて、うっかり穴が開いてしまった

家具の配置換えなどで家具を移動している際に、壁に当たって壁に穴があいてしまうケースがあります。このような場合、火災保険で『不測かつ突発的な事故(破損汚損)』の補償を受けることができます。また

  • 子供がボール遊びをしていて壁に穴が開いてしまった
  • 掃除中に誤って家具を倒してしまい、壁に穴が開いてしまった

なども、『不測かつ突発的な事故(破損汚損)』補償を受けることができます。

不測かつ突発的な事故とは

不測かつ突発的な事故とは、日常生活をしていて、うっかり発生してしまった被害のことを指します。

例えば、

  • 子供がボールを蹴って、壁に穴があいた
  • 荷物を運んでいたら、壁に当たって穴が開いてしまった

などは、不意に発生してしまう被害になります。このように事前に予測ができず、対策の立てようが無い被害のことを『不測かつ突発的な事故』と言います。

自然災害によって壁に穴が開いた

自然災害による被害も、火災保険にて補償を受けることができます。例えば

  • 飛来物が入り込んで壁に穴があいた
  • 雹が入り込んで壁に穴が開いた
  • 雪が積もった際に雪の重さで壁に穴が開いた

など、自然災害による被害も上から

  • 風災補償
  • 雹災補償
  • 雪災補償

にて補償を受けることができます。

>>火災保険の壁紙・クロスの修理についてはこちら

壁の穴の修理が火災保険で補償されなかった事例

壁の穴の修理が火災保険で補償されなかった事例として、以下のようなものが挙げられます。

  • 経年劣化による被害
  • 故意な損害や過失による被害
  • 被害総額が免責金額以下の場合

そもそも火災保険は、自然災害や不測かつ突発的な事故による被害を補償するものとなっています。経年劣化や故意な損害・過失による被害は、自然災害による被害ではないため、火災保険の補償を受けることはできません。

また、仮に自然災害など、火災保険の補償範囲内による被害であったとしても、被害総額が免責金額以下の場合には、火災保険の補償を受けることはできません。ここで言う免責金額とは『この金額までの被害は自己負担しますよ』と言う基準のようなものです。被害総額が免責金額以下の場合には、火災保険の補償を受けることはできないので注意しましょう。

免責金額は人によって違う

免責金額は人によって設定金額が変わってくるので、注意が必要です。

  • ここ数十年は保険を見直していない場合:20万円と設定されていることが多い
  • ここ最近保険を見直した場合:ご自身が設定した金額になっていることが多い

このように金額は変わってくるため、免責金額が不明な場合は早めに保険会社に確認をしましょう。

賃貸の場合、壁の穴の修理は火災保険でできる?

賃貸の場合は『借家人賠償責任補償』に入っている場合、火災保険の補償を受けられる可能性があります。

おさらいにはなりますが、壁は火災保険では『建物』として扱われるため、『建物』が補償範囲に入っていれば問題ありません。

しかし賃貸の場合、建物に関する火災保険は大家さんが入っているケースが多く、借主は『家財のみ』を補償対象とした火災保険に入ると言うのが一般的です。

この場合、借主は補償対象が『家財のみ』となっているため、壁に穴が開いてしまった場合は火災保険の補償を受けれないことになります。もしも壁に穴が開いてしまった場合、大家さんに対して修理費用の支払いをする必要があります。

ここで『借家人賠償責任補償』に入っていた場合は、火災保険の補償を受けることが可能になります。

まとめ|壁の穴は火災保険でお得に修理ができる!

この記事のまとめ
  • 火災保険で壁の穴の修理は補償される
  • 火災保険で壁の穴の修理をするには『火災保険の補償範囲内の災害による被害』でかつ『補償範囲に建物が入っている』場合に限って、火災保険の補償を受けることができる

火災保険で壁の穴の修理をすることはできます。しかし、火災保険の補償を受けるには、『火災保険の補償範囲内の災害による被害』でかつ『補償範囲に建物が入っている』場合にのみ、火災保険の補償を受けることができます。

また、火災保険申請サポート業者を利用して火災保険申請をすることで、給付金はより多く手元に残る可能性があります。気になる点がありましたら、下の『無料相談はこちら』よりいつでもお気軽にお問い合わせください!スタッフが丁寧に対応します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です