火災保険で外壁塗装・修理はできる?経年劣化はどうなる?

火災保険で外壁修理や外壁塗装をしたいけど、以下のような不安がありませんか?

  • 火災保険で外壁修理・外壁塗装ってできるのかな?
  • 火災保険で外壁塗装に関する詐欺があるから、怖くて何もできない

など…様々なことを考えてしまいます。

そこで本記事では、火災保険で外壁塗装や修理はできるのか、塗装や修理をするとして、それに関する手続きや詐欺の実態をまとめました。

リペマでは、火災保険申請に関しての質問やご相談をいつでも受け付けています。少しでも不安があった場合は、いつでもご相談ください。

火災保険で外壁塗装・外壁修理はできるのか

火災保険の申請で外壁塗装・外壁修理はできます。火災保険の使い道は指定されていないため、自由に使うことができます。ただし、外壁塗装や外壁修理で火災保険の申請を行う場合は、いくつかの注意点があります。

火災保険で外壁塗装や外壁修理が適用される条件

外壁塗装や外壁修理で火災保険が申請する場合は以下の4つを満たしていないといけません。

  • 外壁の被害原因が自然災害によるもの
  • 外壁が被災してから3年以内
  • 損害金額が、火災保険の免責金額以上
  • 該当する火災保険を契約している

これらのうち1つでもかけていると、火災保険が適用されないので注意してください。

外壁の被害原因が自然災害によるもの

火災保険が外壁塗装、外壁修理に使えるのは、自然災害が原因で発生した損害に限ります。自然災害が被害原因のものでない場合は、火災保険が適用されないので注意してください。

自然災害
風災や雪害、豪雨による被害こと

外壁が被災してから3年以内

発生した損害が、被災してから3年以内でなければ火災保険は適用されません。被災が発生したら、なるべく早く被害の報告をしましょう。

損害金額が、火災保険の免責金額以上

火災保険には免責金額というものがあります。被害総額が免責金額以下の場合は、火災保険は適用ないため、自費などで賄う必要があります。被害総額が免責金額を越えなかった場合は、火災保険の適用はされません。

免責金額
自己負担金額のこと。免責とは「責任を免れる」という意味で、保険会社が支払い責任を免れる金額で、つまり「自己負担しなけらばならない金額」のこと。平均は20万円程度。

該当する火災保険を契約している

火災保険には、以下の6種類があります。

  • 住宅火災保険
  • 住宅総合保険
  • オールリスクタイプ
  • 特約火災保険
  • 店舗総合保険
  • 普通火災保

これらのうち以下の3つが外壁塗装や外壁修理に適用される可能性があります。

  • 住宅総合保険
  • オールリスクタイプ
  • 特約火災保険

外壁被害の原因の多くは「風災」や「水害」であって、これらが補償範囲に含まれている必要があります。

住宅総合保険

住宅総合保険は住宅火災保険の保証範囲に加えて、そのほかの様々なものが補償されます。

住宅火災保険の場合は「火災、落雷、爆発、風、雹」などが補償範囲ですが、これに加えて「台風、暴風雨による水害、水漏れ・盗難」なども補償範囲になっています。

住宅火災保険
戸建て住宅向けで、最もベーシックな火災保険。「火災、落雷、破裂、爆発、風、雹、雪災」による損傷を補償する

オールリスクタイプ

オールリスクタイプ型とは、住宅総合保険よりも補償範囲の広い保険のことです。住宅総合保険の補償範囲に加えて「破損・汚損」など、様々なものが補償されます。補償範囲は保険会社によって変わるので、確認しておくことをお勧めします。

特約火災保険

特約火災保険とは、住宅をローンで購入した場合に加入が必須な火災保険で、一般の住宅総合保険レベルとほとんど同じ内容となっています。

火災保険を使った外壁塗装は、経年劣化でも使える?

経年劣化による外壁塗装や外壁修理で火災保険は使えません。

火災保険は、自然災害が原因の被害を補償するものであって、経年劣化のような「原因が自然災害でない」場合は、火災保険を使うことができません。

火災保険で外壁修理を行った事例

火災保険で外壁修理をした事例として、以下のものがあげられます。

  • 台風で木が倒れてきて外壁が壊れる
  • 隣の家からの落雪で外壁が剥がれる
  • 豪雨で土砂崩れが起き外壁が壊れる
  • 大雨による洪水で外壁が傷つく
  • 火災による煙で外壁が汚れる
  • 家に雷が落ちて外壁が壊れる

火災保険で外壁修理をした事例の共通点は、自然災害(風災、雪災、火災など)が原因ものです。

火災保険を使って外壁塗装を迫る詐欺業者に注意

火災保険を悪用した詐欺が増えてきています。詐欺の手口としてよく使われているのは、以下の3つになります。

  • 訪問販売にて契約を迫る
  • 外壁に被害があると虚偽の報告する
  • 「保険金を使って外壁塗装・修理できる」と伝え、不要な修理もする

多くの場合は、頼んでもいないのにいきなり訪ねてくることがほとんどです。このような場合「保険金を絶対にもらえる」など、お得な話をされることが多いです。ついつい契約したくりますが、このような場合はその場で契約をしないようにしましょう。

また、依頼をした場合は虚偽の申告をするのは違法行為になるため絶対にやらないようにしましょう。適切な業者に依頼をし、被害箇所を一緒に確認した上で、被害箇所のみを申請するようにしましょう。

外壁塗装・外壁修理で火災保険を申請する流れ

外壁塗装・外壁修理で火災保険を申請する際の流れは、以下の7つになります。

  1. 申請サポート業者に依頼
  2. 損害保険会社に連絡
  3. 現地調査
  4. 必要書類の準備
  5. 損害保険会社(鑑定士)による現地調査(※場合による)
  6. 損害保険会社の審査後、保険金の入金
  7. 修理・修繕・リフォームを行う(※場合による)

>>火災保険の申請の流れの詳細はこちら

火災保険で外壁塗装お得にする方法

火災保険でお得に外壁塗装や外壁修理をするには、経験の多い信頼できる火災保険申請サポート業者で、申請できる箇所を全て申請し、給付金を受け取った後に、外壁専門業者や安い工務店さんに依頼するのが一番お得です。火災保険の申請と、外壁修理をそれぞれに特化した専門業者に依頼することで、手残り金がより多く可能性があります。

火災保険以外で外壁塗装をする方法

経年劣化など、自然災害以外が原因の場合は火災保険を受け取ることができないです。しかし、その場合は助成金(補助金)を受け取ることができます。ただし、お住まいの地域によって変わるので、お住まいの地域にて確認をしてみてください。

外壁塗装工事の助成金・補助金の条件

外壁塗装の助成金の申請は、以下の3つを満たしている必要があります。

  • 自治体内の施工業者で工事を行う
  • 申請を行う地域に住所があり、居住していること
  • 遮熱塗料や断熱塗料を利用すること

外壁塗装工事の助成金(補助金)申請の流れ

外壁塗装や外壁修理の助成金(補助金)の流れは以下の7つになります。

  1. お住まいの地域の自治体内ホームページで、最新情報・条件を確認する
  2. 必要な書類を提出し、結果を待つ
  3. 申請が通った場合、自治体内の施工業者に工事依頼をする
  4. 「助成金(補助金)交付申請書」を提出する
  5. 「助成金(補助金)交付決定書」と「補助金額確定通知書」を受領する
  6. 「助成金(補助金)交付請求書」を提出する
  7. 助成金を受け取る

『火災保険で外壁塗装・修理はできる?経年劣化でも大丈夫?』まとめ

・外壁塗装・修理で火災保険が適用される可能性がある
・火災保険申請と、外壁塗装・修理を分けて考える
・火災保険で外壁修理を装った詐欺に注意