火災保険で床(フローリング)の傷やへこみは補償される?

火災保険床・フローリングの傷、凹み

火災保険で床(フローリング)の傷やへこみは補償されます。今回は火災保険で床を直す際の条件と事例を紹介します。
また、火災保険で床の修理をしたい場合は、火災保険申請サポート業者を利用することをお勧めします。詳しくは『無料相談はこちら』よりお気軽にお問い合わせください!

>>火災保険でリフォーム・修繕を考えている方はこちら

この記事に書かれていること
  • 火災保険でフローリングの傷は補償される
  • 火災保険でフローリングの傷が補償されないケースもある
  • 賃貸の場合、火災保険でフローリングは補償されるのか

火災保険で床(フローリング)の傷は補償される!

火災保険でフローリングの傷は補償されます。しかし直すには、不測かつ突発的な事故によって発生した破損や汚損の場合に限られるため、意図した破損(そんな人がいるのかは定かではないですが…)や、そもそも補償に入っていない場合は、火災保険でフローリングの傷や破損は補償されないので要注意です。

不測かつ突発的な事故によって発生した事故とは?

『不測かつ突発的な事故によって発生した事故による汚損・破損』とは、事前に予測や対策などをたてることができず、突発的に発生した事故のことを指します。具体的には、

  • 子供が投げたおもちゃがテレビに当たってしまい、故障した
  • ふらついて窓ガラスを割ってしまった
  • 他所の車が外壁にいきなり衝突してきて、外壁が倒壊した。

などの予測ができなくて、対策のしようもない事故のことを『不測かつ突発的な事故によって発生した事故』と言います。

後ほど説明しますが、自分としては「事前に予測や対策などをたてられないよ」と思う原因であっても、あくまで火災保険会社目線での判断になるので、事前に火災保険会社の線引(予測できるのかできないのか)を知っておくことが大切です。

以下が線引ラインと捉えて下さい(よく対象ですか?と聞かれる項目)。

  • 子供が原因の傷などはOK:人間であれば問題ない
  • ペットが原因の傷などはNG:ペットはコントロール出来ると判断されるのでNG
  • タバコによる被害はNG
  • 引越し業者による損害:場合による

具体例は以下を御覧ください。

火災保険で床(フローリング)の傷が補償されるケース

火災保険で床(フローリング)の傷が補償されるケースとして以下のものがあります。

以下の用に、これは破損しているよね、汚損(汚れてしまったよね)と判断される事象自体は補償されやすいです。

  • 床(フローリング)の傷
  • 床(フローリング)のへこみ
  • 床(フローリング)焦げ

またこれら以外にも補償されるケースはあります。ご自宅のフローリングの被害が補償されるかわからない場合は下の『無料相談はこちら』よりいつでもお問い合わせください!

床(フローリング)の傷

引っ越しや家具の移動でうっかり家具の一部を引きずってしまったことで、床に傷ができた場合は火災保険の補償を受けることができる可能性があります。ただし、この補償を受けるには補償範囲に『不測かつ突発的な事故や破損・汚損』が入っている必要があります。傷は、その深さにもよりますが、そこからひび割れが発生してしまう二次被害のリスクもあるので、チェックが必要です。

床(フローリング)のへこみ

引っ越しや家具の移動の際に物をうっかり落としてしまい、床にへこみができた場合は火災保険の補償を受けることが可能です。うっかり落としてしまうのは不測かつ突発的な事故として補償を受けることができます。へこみに関しては、傷よりもつっかかったり、そこから怪我につながる可能性もあるのでチェックが必要です。

床(フローリング)の焦げ

床にうっかりついてしまった焦げ跡も火災保険の補償範囲となります。こちらも床のへこみ同様で不測かつ突発的な事故として補償されます。ただしこちらも補償範囲に『不測かつ突発的な事故や破損・汚損』は入っている必要があります。よくあるうっかり焦げてしまう原因としては、火災保険で認められるのは「ストーブの故障による焦げ、アイロンによる焦げ」などがおりる事例として挙げられます。

タバコによる、床(フローリング)の焦げは補償される?

されません。床の焦げに適応される「不測かつ突発的な事故や破損・汚損」は、大前提、予測できない事が前提になります。タバコは落としたら焦げるのも明白ですし、発生する確率も高いため、補償対象外になります

火災保険でフローリング(床)の傷が補償されないケース

火災保険でフローリンの傷が補償されないケースとして以下にようなものがあります。

  • 経年劣化による被害の場合
  • 故意な損害や過失の場合
  • 被害総額が免責金額以下の場合
  • 汚損・破損が補償範囲ではないとき?

火災保険でフローリングの傷が補償されないケースとして、不測かつ偶発的な事故による汚損や破損以外が原因の場合は火災保険の補償を受けることはできません。床の傷に関しては日常生活を送る上で危険がない場合は基本的には補償はされません。

ただ、この日常生活への支障も、火災保険会社目線での判断になります。そのため、調査に慣れている会社が調査し、これを放置するとどのような二次被害が発生するのかも想定し、資料を作ることで、保険会社を説得することが出来ル可能性が上がります。

また、被害があったとしても火災保険の補償範囲に破損・汚損が入っていない場合や被害総額が免責金額以下の場合は火災保険の補償を受けることができません。注意しましょう。

賃貸の場合、フローリング(床)の傷は火災保険で補償される?

賃貸の場合は借家人賠償責任という特約に加入している場合は火災保険で床の傷が補償される可能性があります。

賃貸の場合は建物に対する火災保険は大家さんが加入するため、自分で建物の保険に加入することはできません。よって特約などをつけていないと、床に傷がついた際に自費で修理費用を負担する必要があります。

賃貸にお住まいの方で、借家人賠償責任の特約に加入していない場合は、火災保険の見直しをお勧めします。

床・フローリング被害の火災保険申請方法・流れ

STEP.1
まずは被害箇所の被害状況の確認をする

被害が確認できた場合には、一番最初は被害状況の確認からしましょう。

上記にも記載しましたが、フローリングは

  • 床・フローリングの傷
  • 床・フローリングのへこみ
  • 床・フローリングの焦げ

などが多いです。もしも被害が発生した際には

  • 被害発生日時や時間帯
  • 被害が発生した原因

などをメモに残しておくことをお勧めします。

※被害の自覚症状がない場合はSTEP2へ(実際リペマにお問い合わせ頂いた9割以上は被害の自覚症状がないお客様です)

STEP.2
火災保険申請サポート業者に連絡をする
火災保険申請サポート業者に連絡をしましょう。

火災保険申請サポート業者は非常の多いため、どの業者がご自身に合うか判断は非常に難しいです。

そのような場合はリペマの一括比較にて、火災保険申請サポート業者の比較をすることをお勧めします。

STEP.3
火災保険申請サポート業者による現地調査と資料作成
火災保険申請サポート業者による被害状況の調査を行います。ここで申請できる箇所をしっかりと調査いたします。

床・フローリングは火災保険にて補償を受けられるか受けられないか、判断が非常に難しいです。

判断が難しい物も火災保険申請サポート業者の専門家がしっかりと調査します。

申請可能と判断された場合は、調査終了後に見積書の作成など申請に必要な書類の一部を作成致します。

現地調査は大体1時間前後で終了します。この現地調査をすることによって、給付金の受取額が大きく変わってきます。

>>これ以降の火災保険の申請方法・流れはこちら

火災保険のフローリング(床)の傷に関するよくある質問

火災保険のフローリングの傷に関するよくある質問をまとめました。

  • 引っ越しの際にテレビをとしてしまって床に傷が入ったのですが、火災保険で補償を受けることはできますか?
  • ペットが付けた床の傷は火災保険で補償されるのですか?
  • 火災保険で子供が遊んでいて家具を落としてしまい、床に傷が入った場合は補償されますか?

以下に1つずつ回答させていただきます。

引っ越しの際にテレビを落としてしまって床に傷が入ったのですが、火災保険で補償を受けることはできますか?

引っ越しの準備で謝って家具を落として傷が入った場合でも、補償範囲に『破損・汚損』が入っていれば火災保険を使うことは可能です。

引っ越し業者が原因の床の傷やへこみは補償されますか?

この場合、同じ被害内容ではありますが、引っ越しの際は、引っ越し用の短期保険に別途加入しているケースが多いです(引っ越し料金の中に含まれる)。そのため引っ越し業者が原因の被害は、火災保険申請を検討する前に、業者に保険内容を確認しましょう

ペットが付けた床の傷は火災保険で補償されるのですか?

ペットが付けた傷はほぼ保険対象外になることがほとんどです。

こちらもタバコと同じで、「予測できるよね、対策打っておくべきだよね」という理由で基本的に補償されません。

火災保険で子供が遊んでいて家具を落としてしまい、床に傷が入った場合は補償されますか?

子供が遊んでいて家具などを落としてしまい、床に傷が入った場合、火災保険の補償を受けることができる可能性があります。

この場合は傷ついた床以外に家財なども一緒に補償される可能性もあります。

床の傷を何回も火災保険申請するのは問題ないですか?

制度上は、問題ないです。

ただし、基本床の傷やへこみはお伝えしているように「不測かつ突発的な事故によって発生した事故による汚損・破損」を適用する被害になるため、自然災害の枠組みからは外れるため、何回も申請すると「この人は、何回もやらかす人」という判定をされ、最悪再契約ができないなどのリスクが少しだけですがありますので、ご注意下さい(リペマでは、流石にこの様な事例は無いですが…)

『火災保険で床(フローリング)の傷やへこみは補償される?例外も公開!』に関するまとめ

  • 火災保険でフローリングの傷は『不測かつ突発的な事故によって発生した事故による汚損・破損』で補償範囲に汚損や破損が入っている場合、補償を受けることができる
  • 火災保険で壁の場合も床と同様不測かつ突発的な事故によって発生した事故による汚損・破損』で補償範囲に汚損や破損が入っている場合、補償を受けることができる
  • ペットによるフローリングの傷はほとんど補償対象外

火災保険でフローリングの傷は『不測かつ突発的な事故や汚損・破損』は補償範囲に入っていることで火災保険の補償を受けることが可能です。また、フローリングと同様壁も補償されるので、被害に遭った際には火災保険申請サポート業者を利用して火災保険申請をすることでより多く手元に給付金が残る可能性があります。まずは下の『無料相談はこちら』よりお気軽にお問い合わせください!