火災保険で外壁塗装・外壁修理はできる?被害時の補償!

火災保険外壁塗装・外壁修理

火災保険で外壁塗装や外壁修理は補償されます。本記事では火災保険で外壁塗装や外壁修理をする際の条件と事例をまとめています。

また、火災保険申請をする際は申請サポート業者の無料調査を利用することで手元に給付金がより多く残る可能性があります。

>>火災保険でリフォーム・修繕を考えている方はこちら

この記事に書かれていること
  • 火災保険で外壁塗装や外壁修理ができる条件
  • 火災保険で外壁修理や外壁塗装をした事例
  • 火災保険で外壁修理や外壁塗装をする際の申請方法

内容を簡単確認

火災保険で外壁塗装・外壁修理の工事代は補填できる!

火災保険で外壁塗装や、外壁修理はできます。しかし以下の条件を満たしていないといけません。

  • 被害原因が自然災害
  • 被害発生から3年以内の申請
  • 被害総額が免責金額以上(20万の免責が多い)

火災保険は火災やその他の自然災害もしくは偶発的な事故が補償されますが、被害発生から3年以内に申請をしなければなりません。被害発生から申請まで期間が開くと、受け取れる給付金が減額したり場合によっては給付金を受け取ることができない可能性もあるため、被害が発生したらなるべく早く、火災保険申請サポート業者に連絡をして、無料調査を行いましょう。

被害原因が自然災害で被害発生から3年以内であっても、被害総額が免責金額以下の場合は火災保険を使って外壁塗装や外壁修理はできません。注意しましょう。

火災保険で外壁塗装・外壁修理できた実際の事例

火災保険で外壁塗装や外壁修理の工事代が補償された事例として以下のようなものがあります。

  • 雹による外壁のひび割れ
  • 豪雨による土砂崩れで外壁が倒壊
  • 台風の飛来物で外壁の一部が破損

大きな共通点としては『自然災害が原因の被害により、外壁が破損した』ということです。

火災保険で外壁塗装(修理)できた事例①|雹による外壁のひび割れ

雹による被害は火災保険で補償されます。

また、雹によって外壁にひび割れなどがあった際は他の箇所も被害を受けている場合があります。特に面積が大きい、屋根周りは被害がありがちです。被害にあった場合や心配な場合は火災保険申請サポート業者の無料調査を使って専門家に調査してもらうようにしましょう。

火災保険で外壁塗装(修理)できた事例②|豪雨による土砂崩れで外壁が倒壊

土砂崩れで外壁が倒壊した場合も火災保険を使って直すことができます。土砂崩れの場合は『水災(水害)』として扱われています。

ただし、水災補償(水害補償)を受けるには以下の条件のどちらかを満たしている必要があります。

  • それぞれの建物・家財の時価の3割以上の損害
  • 床上浸水もしくは地盤面から45センチ以上の床下浸水

水害の場合は他の自然災害よりも若干判断項目が多いため、注意しましょう。

また、雨漏りなどの被害は水害として扱われないため注意しましょう。

火災保険で外壁塗装(修理)できた事例③|台風の飛来物で外壁の一部が破損

台風の飛来物で外壁の一部が破損した場合も火災保険で補償されます。台風による飛来物の被害は『風災』として扱われます。

ただし、風災は『最大瞬間風速が20メートル以上』の場合のみ、風災として扱われます。被害日の特定や、被害を受けたと思われる際の風速については、調査工務店の方で確認しますのでご安心下さい。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されない事例

火災保険で外壁塗装や外壁修理が補償されないケースとして以下のものが挙げられます。

  • 経年劣化による被害
  • 故意な損害や過失
  • 被害総額が免責金額以下

大きな共通点は『被害原因が自然史災害以外のもの』です。火災保険は自然災害や偶発的な事故を保障するためのものなので、自然災害や偶発的な事故が原因でない場合は火災保険の補償を受けることができません。以下に詳細を記載します。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されない事例①|経年劣化による被害

経年劣化による被害は火災保険では補償されません。
火災保険は火災や自然災害、偶発的な事故を補償するものあって、経年劣化は自然災害でも偶発的な事故でもないため
また、経年劣化の箇所を自然災害が原因と嘘の申請をしても、調査に来た鑑定人には見抜かれますので絶対にしないようにしまよう。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されない事例②|故意な損害や過失

故意な損害や過失も火災保険では補償されません。故意な損害や過失も自然災害でも偶発的な事故でもないため、補償を受けることはできません。

またよくあるケースとして、故意に損害(自分で雨樋に力を加えて曲げるなど)を起こして火災保険申請をする悪徳業者がいますが、これは絶対にしないようにしましょう。保険金詐欺に該当する恐れがあります。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されない事例③|被害総額が免責金額以下

被害総額が免責金額以下の場合も、火災保険では補償されません。免責金額というのは『この金額までの被害は自分で負担してください』という基準のようなものです。

免責金額は契約内容によって変わってきます。ここ10年以上火災保険の見直しをしていない場合は20万円の免責金額が定められているケースが多いです。最近火災保険を見直した・契約をした場合はご自身で免責金額を決められていると思います。

免責金額がわからない場合は保険会社に確認してみましょう。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されやすい被害

火災保険で補償された事例などを紹介してきましたが、実際にはさまざまな被害が補償されます。具体的には

  • 外壁のクラック
  • 外壁のはがれ
  • 外壁の雨漏り
  • 外壁の色あせ
  • 外壁の浮き
  • 外壁の破損
  • 外壁の膨らみ
  • 外壁の傷や欠け
  • 外壁の崩れや崩壊

などがあります。補償されやすい箇所ではありますが、どれも原因は『自然災害もしくは不測かつ突発的な事故による被害』でなければ補償はされません。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されやすい被害その1|外壁のクラック

外壁のクラックは強風や飛来物など、さまざまな被害が原因で発生します。外壁のクラックは放置していると二次災害につながる可能性もあるため、火災保険で修理することをお勧めします。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されやすい被害その2|外壁のはがれ

外壁の剥がれは経年劣化以外が理由であることが非常に多いです。外壁の剥がれに関しては自然災害などが原因である場合と施工業者の施工不良などもあり得ます。判断が非常に難しいので、もしも外壁の剥がれが発生した場合には火災保険申請サポート業者の無料調査を利用することをお勧めします。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されやすい被害その3|外壁の雨漏り

外壁の雨漏りは

  • 外壁のクラックから雨漏り
  • 外壁の剥がれた箇所からの雨漏り

など、原因は様々です。外壁雨漏りの原因が経年劣化などによる被害の場合は火災保険で補償を受けることができないので注意しましょう。

また、雨漏り被害は火災保険で補償される場合があります。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されやすい被害その4|外壁の色あせ

外壁の色あせも火災保険で補償されることがあります。

しかし外壁の色褪あせは経年劣化などによって発生することが多いです。経年劣化による色あせの場合は火災保険で補償を受けることはできませんので、注意しましょう。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されやすい被害その5|外壁の浮き

外壁の種類によってはビスや釘などで外壁を固定している場合があります。その固定しているビスや釘が自然災害によって浮いてしまった場合、外壁の一緒に浮いてきてしまう場合があります。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されやすい被害その6|外壁の破損

外壁の破損は

  • 飛来物によって破損
  • 土砂崩れによって破損

など、様々なケースで発生します。特に台風や大雨が頻繁に降る夏に外壁の破損は発生しやすいです。

この場合も火災保険で補償されます。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されやすい被害その7|外壁の膨らみ

外壁の膨らみは

  • 豪雨による雨水の侵入
  • 下地の塗装材が十分に乾いていなかった

などによって発生します。外壁の膨らみは火災保険で補償される場合とされない場合のどちらもあるので、もしも発生した場合には火災保険申請サポートの無料調査を使って専門家に調査してもらいましょう。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されやすい被害その8|外壁の傷や欠け

外壁の欠けは台風などの飛来物によって発生することが非常に多いです。

この場合も火災保険で補償を受けることができます。

火災保険で外壁塗装(修理)が補償されやすい被害その9|外壁の崩れや崩壊

外壁の崩れや崩壊は

  • 台風などによる飛来物で発生
  • 洪水によって外壁が崩壊する

などが非常に多いです。これらは火災保険で補償を受けることが可能です。

また、外壁が崩れるほどの被害が発生した場合には外壁以外にも様々な箇所に被害が発生している可能性があります。火災保険の無料調査を使ってまとめて調査してもらうことをお勧めします。

外壁被害の火災保険申請方法・流れ

STEP.1
まずは被害箇所の被害状況の確認をする

まずは安全が確認できた段階で、被害状況の確認からしましょう。

上記にも記載しましたが、外壁には

  • クラック
  • 剥がれ
  • 雨漏り

など、様々な被害が発生します。外壁は風災や水災など様々な被害に遭うことが多いため被害が発生しやすいです。

※被害の自覚症状がない場合はSTEP2へ(実際リペマにお問い合わせ頂いた9割以上は被害の自覚症状がないお客様です)

STEP.2
火災保険申請サポート業者に連絡をする
火災保険申請サポート業者に連絡をしましょう。

火災保険申請サポート業者は非常の多いため、どの業者がご自身に合うか判断は非常に難しいです。

そのような場合はリペマの一括比較にて、火災保険申請サポート業者の比較をすることをお勧めします。

STEP.3
火災保険申請サポート業者による現地調査と資料作成
火災保険申請サポート業者による被害状況の調査を行います。ここで申請できる箇所をしっかりと調査いたします。

  • 外壁の崩壊
  • 外壁の部分的な崩落

などは、ご自身でも簡単に発見することが可能です。しかし現地調査をすることによって自然災害による

  • 外壁のクラックや傷
  • 外壁の破損
  • 外壁の欠け

なども調査し、保険申請できるかどうかの判断が可能です。

また、調査終了後に見積書の作成など申請に必要な書類の一部を作成致します。

現地調査は大体1時間前後で終了します。この現地調査をすることによって、給付金の受取額が大きく変わってきます。

>>これ以降の火災保険の申請方法・流れはこちら

外壁塗装の際、被害と勘違いする現象

外壁周りの被害では、経年劣化なのにも限らず自然災害による被害だと勘違いしやすい箇所として以下のような箇所があります。

  • チョーキング現象
  • ヘアークラック(対象外のひび割れ)
  • コケなどが生える
  • コーキング材のひび割れ

などは、よくリペマのお客様からも聞かれる自然災害の被害と勘違いする現象です。

実は、上記の被害は基本、自然災害ではなく「外壁の勘違い現象」に該当します。

チョーキング現象とは

チョーキング現象とは、外壁の塗装材に含まれている顔料が、外壁の表面にチョークの粉のようなものになり、出てきてしまう現象のことを言います。

これは塗料材が塗ってある外壁によくあるのですが、外壁を触った際に、白い粉や外壁と同じ色の粉のようなものが手についた際には、紫外線などの経年劣化によってチョーキング現象起きているということになります。

チョーキング現象は経年劣化によって起こる被害なので、火災保険では補償されません。同時にチョーキング現象が起きた際には、外壁の防水性が落ちてきているサインとなります。

ヘアークラックとは(対象外のひび割れ)

ヘアークラックとは、外壁や建物内部によく見られる細かなひび割れのようなものを指します。
建物の構造に悪影響は何もないとされています。

ヘアークラックもコンクリートが長年経って乾いてきた際に発生する被害のため、経年劣化として扱われます。

コケなどが生える

外壁のコケも自然災害では補償されません。
外壁や建物のコケは10年ほど経ってから目立ってくるケースが多いです。

コケは風などで飛ばされてきたコケの胞子が壁につくことで発生します。また一度付着したコケは水分や湿気をどんどん吸って繁殖していきます。こちらも経年劣化として扱われるため注意しましょう。

コーキング材のひび割れ

そもそもコーキング材とは、水回りの家具や建物の隙間を埋めるために使われるもののことを指します。ご家庭では建物の排水部分やキッチンオフと壁の間を埋める際によく使われる表面が柔らかいものがコーキング材です。

このコーキング材もほとんどが経年劣化によって剥がれたりひび割れが発生するため、注意しましょう。

火災保険で外壁塗装ができなかったら助成金を使おう

万が一、火災保険で外壁塗装や外壁修理ができなかった場合には、自治体の助成金を使って外壁を直すことが出来る場合があります。自治体によって助成金が使える場合と使えない場合があるので、もしも火災保険で外壁修理ができなかった場合には自治体に問い合わせてみましょう。

外壁塗装に使える助成金や補助金の申請方法

一般的な、助成金の申請方法は以下のようになっています。

  1. 自治体のホームページで助成金に関する最新の情報を確認する
  2. 助成金申請に必要な書類を提出する
  3. 申請が通り次第、外壁塗装(修理)を開始する
  4. 助成金(補助金)交付書を提出する
  5. 補助金額認定通知書と助成金(補助金)交付決定書を受け取る
  6. 助成金(補助金)交付請求書を提出する
  7. 助成金(補助金)を受け取る

お住まいの地域によって変わるので、申請する場合は確認をしましょう。

外壁塗装に使える助成金や補助金を申請するための条件

助成金(補助金)を申請するための条件として以下のようなものがあります。

  • 申請する地域に住所があり、実際に住んでいること
  • 過去に助成金を受け取っていないこと
  • 税金の滞納がないこと
  • 申請する地域の施工業者に施工依頼をすること
  • 指定の塗料を使用

これらを全て満たしている必要があるため、申請の際には注意しましょう。

簡単に言うと、その地域の税金などが補助金の財源になっているケースが大半なので、その地域に関わりがある人(税金を収めている人)で、業者もその地域を活性化するために、その地域にある業者を使って経済回してねというのが条件の軸になっています。

外壁塗装や外壁修理をする上で「火災保険」と「補助金・助成金」は両方使える?

火災保険と助成金は併用して使うことはできません。どちらか1つの利用のみになりますが、この場合まずは両方の想定金額を出し、どちらを利用するのか決めるようにしましょう。特に、補助金や助成金については、行政が大凡の金額を教えてくれるケースが多いので、気にせず聞いてみましょう。

これは火災保険と助成金の組み合わせのみではなく、『メーカー保証と火災保険』の併用もできません。

火災保険を利用した外壁塗装・外壁修理のよくある質問

火災保険の外壁塗装・外壁修理でよくある質問をまとめました。

  • 火災保険で外壁がタイルの場合でも補償を受けることができますか?
  • 県民(都民)共済と民間の火災保険を2つとも使えば外壁塗装の給付金は被害額の2倍受け取れるんですか?

1つずつ回答させていただきます。

火災保険で外壁がタイルの場合でも補償を受けることができますか?

タイルの外壁でも火災保険の補償を受けることはできます。ただしタイルの外壁の場合でも自然災害もしくは偶発的な事故による被害の場合に限ります。自然災害による被害に遭った際には火災保険申請サポート業者の無料調査を使って専門家に調査してもらいましょう。

県民(都民)共済と民間の火災保険を2つとも使えば外壁塗装の給付金は被害額の2倍受け取れるんですか?

火災保険と県民(都民)共済の2つに申請をしても受け取れる給付金は変わりません。

火災保険の申請の際には他の会社にも申請をしていることをしっかりと伝えなければなりません。これを告知義務と言いますが、この告知義務を無視することは犯罪になります。

また、告知義務を無視してそれぞれ申請したとしても、会社間でお客様情報は共有されているため、バレるので絶対にやらないようにしましょう。

火災保険を利用した外壁塗装・外壁修理の詐欺に注意!

台風や土砂崩れの被災者を狙った詐欺が増えてきています。悪徳業者の多くは訪問販売や電話営業などで『火災保険を使って外壁修理をしないか』や『給付金は絶対に降りるから火災保険を使わないと損をする』や『0円で外壁修理やリフォームが出来る』などと煽ってはその場で契約を促します。給付金は必ず受け取れるわけではありません。
訪問販売や電話勧誘にて契約を迫ってくる悪徳業者に注意をしましょう。

>>火災保険給付金の詐欺の実態を事前に把握したい方はこちら

『火災保険で外壁塗装・外壁修理はできる?経年劣化はどうなる?』に関するまとめ

この記事のまとめ
  • 火災保険で外壁塗装(修理)はできる
  • 火災保険で外壁修理(塗装)ができない場合は自治体の助成金を使うと良い
  • 火災保険を使った悪徳業者に注意

火災保険で外壁塗装や外壁修理は可能となります。しかし、自然災害が原因による被害でなければ火災保険を使って外壁修理や外壁塗装をすることはできません。

実際に経年劣化による被害か自然災害による被害か判断をするのは非常に難しいです。もしも自然災害による被害にあった際には火災保険申請サポート業者の無料調査を使って専門家に調査してもらうことをお勧めします。