【外壁塗装】火災保険で補償?被害時の補償!

火災保険外壁塗装・外壁修理

火災保険で外壁塗装や外壁修理は補償されます。本記事では火災保険で外壁塗装や外壁修理をする際の条件と事例をまとめています。

また、火災保険申請をする際は申請サポート業者の無料調査を利用することで手元に給付金がより多く残る可能性があります。

>>火災保険でリフォーム・修繕を考えている方はこちら

この記事に書かれていること
  • 火災保険で外壁塗装や外壁修理ができる条件
  • 火災保険で外壁修理や外壁塗装をした事例
  • 火災保険で外壁修理や外壁塗装をする際の申請方法

※簡単な条件あり

外壁塗装は火災保険で補償される!

火災保険で外壁塗装や、外壁修理はできます。しかし以下の条件を満たしていないといけません。

  • 被害原因が自然災害
  • 被害発生から3年以内の申請
  • 被害総額が免責金額以上(20万の免責が多い)

火災保険は火災やその他の自然災害もしくは偶発的な事故が補償されますが、被害発生から3年以内に申請をしなければなりません。被害発生から申請まで期間が開くと、受け取れる給付金が減額したり場合によっては給付金を受け取ることができない可能性もあるため、被害が発生したらなるべく早く、火災保険申請サポート業者に連絡をして、無料調査を行いましょう。

被害原因が自然災害で被害発生から3年以内であっても、被害総額が免責金額以下の場合は火災保険を使って外壁塗装や外壁修理はできません。注意しましょう。

外壁塗装が火災保険で補償された事例

火災保険で外壁塗装や外壁修理の工事代が補償された事例として以下のようなものがあります。

  • 雹による外壁のひび割れ
  • 豪雨による土砂崩れで外壁が倒壊
  • 台風の飛来物で外壁の一部が破損

大きな共通点としては『自然災害が原因の被害により、外壁が破損した』ということです。

外壁塗装が火災保険で補償された事例①|雹による外壁のひび割れ

雹による被害は火災保険で補償されます。

また、雹によって外壁にひび割れなどがあった際は他の箇所も被害を受けている場合があります。特に面積が大きい、屋根周りは被害がありがちです。被害にあった場合や心配な場合は火災保険申請サポート業者の無料調査を使って専門家に調査してもらうようにしましょう。

外壁塗装が火災保険で補償された事例②|豪雨による土砂崩れで外壁が倒壊

土砂崩れで外壁が倒壊した場合も火災保険を使って直すことができます。土砂崩れの場合は『水災(水害)』として扱われています。

ただし、水災補償(水害補償)を受けるには以下の条件のどちらかを満たしている必要があります。

  • それぞれの建物・家財の時価の3割以上の損害
  • 床上浸水もしくは地盤面から45センチ以上の床下浸水

水害の場合は他の自然災害よりも若干判断項目が多いため、注意しましょう。

また、雨漏りなどの被害は水害として扱われないため注意しましょう。

外壁塗装が火災保険で補償された事例③|台風の飛来物で外壁の一部が破損

台風の飛来物で外壁の一部が破損した場合も火災保険で補償されます。台風による飛来物の被害は『風災』として扱われます。

ただし、風災は『最大瞬間風速が20メートル以上』の場合のみ、風災として扱われます。被害日の特定や、被害を受けたと思われる際の風速については、調査工務店の方で確認しますのでご安心下さい。

外壁塗装が火災保険で補償されない事例

火災保険で外壁塗装や外壁修理が補償されないケースとして以下のものが挙げられます。

  • 経年劣化による被害
  • 故意な損害や過失
  • 被害総額が免責金額以下

大きな共通点は『被害原因が自然史災害以外のもの』です。火災保険は自然災害や偶発的な事故を保障するためのものなので、自然災害や偶発的な事故が原因でない場合は火災保険の補償を受けることができません。以下に詳細を記載します。

外壁塗装が火災保険で補償されない事例①|経年劣化による被害

経年劣化による被害は火災保険では補償されません。
火災保険は火災や自然災害、偶発的な事故を補償するものあって、経年劣化は自然災害でも偶発的な事故でもないため
また、経年劣化の箇所を自然災害が原因と嘘の申請をしても、調査に来た鑑定人には見抜かれますので絶対にしないようにしまよう。

外壁塗装が火災保険で補償されない事例②|故意な損害や過失

故意な損害や過失も火災保険では補償されません。故意な損害や過失も自然災害でも偶発的な事故でもないため、補償を受けることはできません。

またよくあるケースとして、故意に損害(自分で雨樋に力を加えて曲げるなど)を起こして火災保険申請をする悪徳業者がいますが、これは絶対にしないようにしましょう。保険金詐欺に該当する恐れがあります。

外壁塗装が火災保険で補償されない事例③|被害総額が免責金額以下

被害総額が免責金額以下の場合も、火災保険では補償されません。免責金額というのは『この金額までの被害は自分で負担してください』という基準のようなものです。

免責金額は契約内容によって変わってきます。ここ10年以上火災保険の見直しをしていない場合は20万円の免責金額が定められているケースが多いです。最近火災保険を見直した・契約をした場合はご自身で免責金額を決められていると思います。

免責金額がわからない場合は保険会社に確認してみましょう。

外壁塗装が火災保険で補償されやすい被害

火災保険で補償された事例などを紹介してきましたが、実際にはさまざまな被害が補償されます。具体的には

  • 外壁のひび割れ
  • 外壁の崩壊

などが多いです。外壁は露出面積が非常に大きいため、様々な被害が発生します。自然災害などがあった際には自宅の外壁はしっかりと確認しましょう。

外壁塗装が火災保険で補償されやすい被害①|外壁のひび割れ

外壁のひび割れは

  • 風災による飛来物
  • 雹災
  • ボール/車がぶつかってきた

など、露出面積が広い分様々な被害が発生します。

これら以外にも自然災害など火災保険の補償範囲内の災害による被害であれば火災保険の補償を受けることが可能です。

外壁塗装が火災保険で補償されやすい被害②|外壁の崩壊

外壁の崩壊も発生しやすい被害の1つです。外壁の崩壊は

  • 強風で大きなものが飛ばされてきて外壁崩壊
  • 車が勢いよく突っ込んできて外壁崩壊
  • 土砂崩れによって外壁の一部が崩壊

など、外壁も様々な災害が原因で発生しやすい被害となっています。しかしこちらも火災保険にて補償されるため、被害にあった際には火災保険申請サポートに依頼をすることをお勧めします。

外壁被害の火災保険申請方法・流れ

STEP.1
まずは外壁の被害箇所の被害状況の確認をする

まずは安全が確認できた段階で、被害状況の確認からしましょう。

上記にも記載しましたが、外壁には

  • クラック
  • 剥がれ
  • 雨漏り

など、様々な被害が発生します。外壁は風災や水災など様々な被害に遭うことが多いため被害が発生しやすいです。

※被害の自覚症状がない場合はSTEP2へ(実際リペマにお問い合わせ頂いた9割以上は被害の自覚症状がないお客様です)

STEP.2
火災保険申請サポート業者に連絡をする
火災保険申請サポート業者に連絡をしましょう。

火災保険申請サポート業者は非常の多いため、どの業者がご自身に合うか判断は非常に難しいです。

そのような場合はリペマの一括比較にて、火災保険申請サポート業者の比較をすることをお勧めします。

STEP.3
火災保険申請サポート業者による現地調査と資料作成
火災保険申請サポート業者による被害状況の調査を行います。ここで申請できる箇所をしっかりと調査いたします。

  • 外壁の崩壊
  • 外壁の部分的な崩落

などは、ご自身でも簡単に発見することが可能です。しかし現地調査をすることによって自然災害による

  • 外壁のクラックや傷
  • 外壁の破損
  • 外壁の欠け

なども調査し、保険申請できるかどうかの判断が可能です。

また、調査終了後に見積書の作成など申請に必要な書類の一部を作成致します。

現地調査は大体1時間前後で終了します。この現地調査をすることによって、給付金の受取額が大きく変わってきます。

>>これ以降の火災保険の申請方法・流れはこちら

外壁塗装が火災保険で補償されなかった場合は助成金を活用しよう

外壁塗装が火災保険で補償されなかった場合はお住まいの地域や自治体の助成金を活用しましょう。火災保険が使えなくても、助成金を使えばお得に外壁塗装ができるかもしれません。

しかし助成金の申請には必要な条件が定められていて、地域によってこの条件は変わってくるので、もしも助成金を使って外壁塗装をしたい場合はお住まいの地域や自治体に問い合わせてみましょう。よくある申請条件として

  • 申請する地域に住所があり、実際に住んでいること
  • 過去に助成金を受け取っていないこと
  • 税金の滞納がないこと
  • 申請する地域の施工業者に施工依頼をすること
  • 指定の塗料を使用

などがあります。

火災保険を利用した外壁塗装・外壁修理の詐欺に注意!

台風や土砂崩れの被災者を狙った詐欺が増えてきています。悪徳業者の多くは訪問販売や電話営業などで『火災保険を使って外壁修理をしないか』や『給付金は絶対に降りるから火災保険を使わないと損をする』や『0円で外壁修理やリフォームが出来る』などと煽ってはその場で契約を促します。給付金は必ず受け取れるわけではありません。
訪問販売や電話勧誘にて契約を迫ってくる悪徳業者に注意をしましょう。

>>火災保険給付金の詐欺の実態を事前に把握したい方はこちら

『【外壁塗装】火災保険で補償?被害時の補償!』に関するまとめ

この記事のまとめ
  • 火災保険で外壁塗装(修理)はできる
  • 火災保険で外壁修理(塗装)ができない場合は自治体の助成金を使うと良い
  • 火災保険を使った悪徳業者に注意

火災保険で外壁塗装や外壁修理は可能となります。しかし、自然災害が原因による被害でなければ火災保険を使って外壁修理や外壁塗装をすることはできません。

実際に経年劣化による被害か自然災害による被害か判断をするのは非常に難しいです。もしも自然災害による被害にあった際には火災保険申請サポート業者の無料調査を使って専門家に調査してもらうことをお勧めします。