【トイレ修理】火災保険で補償される?つまり・破損はどうなる?

火災保険トイレ

火災保険でトイレ修理は補償されます。しかし火災保険でトイレを修理するにはある条件を致していなければなりません。本記事では火災保険でトイレ修理ができる条件や事例を紹介します。また、火災保険申請をする際は、申請サポート業者を利用することをお勧めします。

>>火災保険でリフォーム・修繕を考えている方はこちら

この記事に書かれていること
  • 火災保険で補償されるトイレの被害と補償されないトイレの被害
  • 火災保険でトイレの補償を受ける際の注意点

※簡単な条件あり

火災保険でトイレ修理は補償されるものとされないものがある

自宅のトイレが故障した際、火災保険を使うことでお得に修理ができます。しかし補償を受けれる箇所と受けられない箇所があるので注意しましょう。

火災保険でトイレは建物として扱われる

火災保険でトイレは『建物』として扱われます。よって火災保険の補償対象に『建物』が含まれていない場合は補償を受けることができないので注意しましょう(家財補償のみの契約の方は補償されない)。火災保険における建物・家具の判断は、

  • 建物:簡単に移動や取り外しができないもの
  • 家具:簡単に移動や取り外しができるもの

と判断するのがイメージしやすいと思います。

トイレは建物の中にある物として家財と勘違いされがちですが、ご自身で簡単にトイレを動かすことは非常に困難でしょう。よってトイレは建物として扱われます。

また、家財として勘違いされやすいものとして

  • エアコン
  • 洗面台
  • 給湯器

などがありますが、これらも建物として扱われます。

家財と勘違いされがちですが、建物として扱われるものもあるので注意しましょう。建物か家財かわからない際の線引きの仕方は『自分で道具など何も使わずに簡単い動かすことができるか』となります。

火災保険でトイレ修理が補償される事例とされない事例

火災保険でトイレ修理をする際には補償される被害と補償されない被害があるので注意をしましょう。
補償されるものとしては

  • 自然災害によるトイレの被害
  • トイレのつまりが原因の水漏れ被害(床など周辺への被害を指す)

これらは補償されるのに対して

  • トイレ自体の水漏れ修理(トイレ本体の被害を指す)
  • 経年劣化や故意な損害、過失

は補償されないので注意しましょう。

トイレ自体が補償されるケースと補償されないケースがあり混乱しがちですがポイントとしては

  • 外的要因(洪水による水道管の逆流や落雷でウォシュレットの故障など)による被害は補償される
  • 内的要因(トイレに自分で流したペーパーが勝手に詰まった)は補償されない

これがポイントとなります。簡単に言うと、トイレつまりによる周辺への被害は保障されるが、トイレ自体の修理は補償されません。

ご自身で判断がつかない場合は、下の『無料相談はこちら』よりお気軽にお問い合わせください。スタッフが丁寧に対応させていただきます。

落雷などの自然災害が原因によるトイレ破損は火災保険で補償される

落雷の過電流などによって、トイレやトイレのウォシュレットに被害が発生した場合は、火災保険の落雷補償を受けられる可能性があります。落雷以外にも火災や自然災害が原因による被害であれば補償される可能性があります。

また、滅多にないと思いますが落雷以外でも自然災害による被害であれば火災保険で補償されます(室内ですしね…)。

火災保険でトイレのつまりが原因の水漏れ被害は補償される

トイレが詰まったことによって水漏れが発生し、壁紙や床に水濡れ被害が発生したとしましょう。このケースの場合は水漏れによって被害に遭った壁紙や床は火災保険の『水濡れ補償』を受けることが可能です。

ただし、ご自身の火災保険に水漏れに関する被害が補償範囲内にある場合に限って水漏れによる被害は補償を受けることが可能なので、注意しましょう。

またトイレの詰まりによる水漏れ以外でも洪水や豪雨などによってトイレから水が溢れ出てきて被害が発生した場合も火災保険の補償を受けることは可能です(同様に、水濡れ補償が適応されます)。

>>火災保険の水漏れ被害の補償についてはこちら

火災保険でトイレのつまり自体は補償されない

火災保険でトイレの詰まりによる床など周辺への被害は補償されますが、トイレの詰まり自体は補償されません。すなわちトイレの詰まりによって水漏れが発生して、水漏れによって壁紙や床に被害があった場合は補償を受けることが可能ですが、詰まってしまったトイレ自体は火災保険の補償を受けることができないため、自費で修理費用を負担する必要があります。

トイレ被害の火災保険申請方法・流れ

STEP.1
まずはトイレの被害状況の確認をする

まずは安全が確認できた段階で、被害状況の確認からしましょう。トイレの場合は

  • 自然災害などによるトイレ自体の破損
  • トイレからの水漏れ被害

など、被害状況に関しては把握しやすいですが被害原因の特定は難しい場合があります。また、水漏れによる被害は他の家財などにも影響が出る可能性もあるため、被害状況の確認はしっかりと行いましょう。

被害が発生していた場合には

  • 被害箇所の写真
  • 被害発生日時と原因(特定が可能な場合のみ)

の2つはメモに残しておくことをお勧めします。給付金の受け取りまでスムーズに進めることができるでしょう。

※被害の自覚症状がない場合はSTEP2へ(実際リペマにお問い合わせ頂いた9割以上は被害の自覚症状がないお客様です)

STEP.2
火災保険申請サポート業者に連絡をする
火災保険申請サポート業者に連絡をしましょう。

火災保険申請サポート業者は非常の多いため、どの業者がご自身に合うか判断は非常に難しいです。

そのような場合はリペマの一括比較にて、火災保険申請サポート業者の比較をすることをお勧めします。

STEP.3
火災保険申請サポート業者による現地調査と資料作成
火災保険申請サポート業者による被害状況の調査を行います。ここで申請できる箇所をしっかりと調査いたします。

  • トイレからの水漏れによる被害
  • 見落としがちな水漏れ被害

など、見落としがちな箇所までしっかりと調査させていただきます。現地調査は大体1時間前後で終了します。

また、調査終了後に見積書の作成など申請に必要な書類の一部を作成致します。

>>これ以降の火災保険の申請方法・流れはこちら

賃貸の場合火災保険でトイレ修理をする際には注意が必要

賃貸物件の場合は戸建ての場合と違う点がいくつかあります。賃貸物件でトイレの水漏れによって壁や床に被害が発生した場合は火災保険とは別に

  • 個人賠償責任保険
  • 借家人賠償責任保険

に入っていることで床や壁の修理費用などがカバーできる可能性があります。

『【トイレ修理】火災保険で補償される?つまり・破損はどうなる?』に関するまとめ

  • 火災保険でトイレの詰まりによって発生した水漏れ被害は補償を受けられる可能性がある
  • トイレの詰まり自体は火災保険で補償を受けることはできない
  • 賃貸の場合は火災保険とは別で『個人賠償責任保険』『借家人賠償責任保険』に加入していることでトイレの水漏れによる被害で補償を受けられる可能性がある。

火災保険でトイレの水漏れによって発生した被害は補償を受けることはできますが、トイレの詰まり自体は補償を受けることはできないので注意しましょう。また、トイレの水漏れ被害で火災保険申請をする場合には、火災保険申請サポート業者に依頼をすることで給付金がより多く手元に残る可能性があります。是非下の『無料相談はこちら』よりいつでもお気軽にお問い合わせください!スタッフが丁寧に対応させていただきます!