火災保険申請できる!よくある被害状況

  火災保険申請サポートガイド

幅広い被害を補償してくれる火災保険ですが、「どの被害が保険申請できるのか分からない」、「今の被害を申請したいが火災保険で補償されるのか分からない」という方も多いでしょう。
今回は、火災保険で補償できる被害状況について説明します。

この記事に書かれていること
  • 火災保険申請できる被害
  • 火災保険申請できない被害

火災保険申請できる被害

火災保険が適用される、よくある被害は気になります。

  • 雨漏り
  • 漏水、水漏れ
  • 破損、汚損、物損
  • 盗難
  • ひび、クラック

それぞれの詳細を説明していきます。

火災保険申請できる被害|雨漏り

  • 天井の雨漏り
  • ベランダの雨漏り

台風や豪雨の後に雨漏りが発生することはよくあります。
雨漏りのよくある原因は、屋根材(瓦やスレート)や外壁の破損やひび割れになります。
風災で瓦がずれたり飛んでしまったり、飛来物による衝突で屋根が破損してしまうケースや、雪災やひょう災で屋根材が損傷するケースも、火災保険で申請することができます。

火災保険申請できる被害|漏水・水漏れ

  • 氾濫による床上浸水、床下浸水
  • 水道管破損による水漏れ

台風や集中豪雨により川が氾濫し、床上浸水して生じた水災被害や、水道管や給水管の破損や破裂により発生した水濡れ被害も保険申請することができます。
経年劣化が原因で水濡れになってしまった場合は補償されませんが、突発的で予測できないことが原因で発生した漏水・水濡れ被害は補償対象になります。

火災保険申請できる被害|破損・汚損・物損

  • 家財の破損(傷や凹み)
  • 落雷による家財の破損(ショート)

家財や建物の破損、汚損も火災保険で申請できます。
例えば、子供が遊んでいてテレビを壊してしまった場合や、パソコンに紅茶をこぼして故障させてしまった場合などの、不測かつ突発的な事故も補償対象になります。
室内を調査すると、床の傷や外壁の損傷など、小さな破損・汚損被害が見つかることが非常に多いです。

火災保険申請できる被害|盗難

  • 家財の盗難
  • 自転車やバイクの盗難

火災保険は、家財や建物の対象となるものの盗難被害も補償してくれます。
例えば、家財であるバイクや自転車が盗まれた場合や、バッグや金品を盗まれた場合も、補償されるケースがあります。
泥棒がきた時に壊された窓ガラスやドアなどの建物の被害も、火災保険で申請することができます。

火災保険申請できる被害|傷

  • 床やフローリングの傷や凹み
  • 壁紙の傷

不測かつ突発的な事故の場合、床(フローリング)や壁紙の傷やへこみも火災保険で補償することができます。
引越しの時に壁紙に傷をつけてしまったり、重いものを落としてしまった時にできた床の凹みも申請できることがあります。

火災保険申請できる被害|ひび・クラック

  • 外壁、内壁のひび割れ

地震被害により生じた外壁や基礎のひび割れや、強風による飛来物の衝突により生じた外壁のヒビも、補償対象になります。
また、地震は外壁だけでなく内壁にもひび割れを発生させることがありますが、こちらももちろん保険で申請することができます。

火災保険申請できる被害|浮き

  • 屋根材の浮き
  • 板金の浮き

屋根や瓦、板金の浮きも、台風や強風被害として補償されることがあります。
浮き被害を修繕しないと、屋根材の飛散につながる可能性があります。

火災保険申請できる被害|釘浮き

  • 屋根材の釘浮き
  • 板金の釘浮き

板金や屋根材を止めるための釘が浮いている場合も、火災保険で補償されるケースがあります。
釘浮きを放っておくと、浮きと同じく飛散につながるケースがあります。

火災保険申請できる被害|割れ、欠け

  • 屋根瓦の割れ、欠け

台風やひょう災後に、屋根瓦や屋根材の割れや、欠けが生じることがあります。割れや欠けの被害も火災保険の適用範囲内になります。
修繕をしないと雨漏りにつながる可能性もあります。

火災保険申請できる被害|崩壊

  • ブロック塀や塀の崩壊

台風による飛来物や車の衝突により、ブロック塀や塀が崩壊するケースもあります。
珍しい被害ではありますが、この様な大きな被害も火災保険で補償されます。

火災保険申請できる被害|飛散

  • 瓦の飛散
  • タイルの飛散

強風や飛来物の衝突により、屋根瓦が飛散したり、玄関タイルが飛散した場合でも、火災保険が適用されます。

火災保険申請できる被害|歪み、変形

  • 雨樋の歪み、変形
  • 物置の変形

雪の重みや台風の飛来物によって発生した歪みや変形の被害も、火災保険で補償されます。
雨樋や物置、ガレージの歪みや変形が被害として多いです。

火災保険申請できない被害

火災保険申請できない被害もあります。

  • 色褪せ(色あせ)
  • 膨らみ
  • 塗装の剥がれ(はがれ)
  • 染み(シミ)

それぞれの被害詳細について説明していきます。

火災保険申請できない被害|色褪せ(色あせ)

  • 外壁や屋根材の色あせ

外壁の変色や色あせについては、火災保険申請できません。
日焼けが原因で変色することもありますが、補償対象外なので注意しましょう。

火災保険申請できない被害|膨らみ

  • 壁材の膨らみ

クロスや外壁に膨らみが生じるケースもありますが、この被害も申請できません。
雨や水が壁の中に入り、入った水分が気体になることで壁が膨らむことがありますが、自然災害による被害でないため、申請対象外になります。

火災保険申請できない被害|塗装の剥がれ(はがれ)

  • 外壁塗装の剥がれ(はがれ)

塗装の剥がれも、経年劣化によるものがほとんどです。
機能的に問題ない被害ということもあり、申請対象外なので注意しましょう。

火災保険申請できない被害|染み(シミ)

  • 外壁、内壁の染み(シミ)

シミや汚れも、火災保険申請の対象外になります。
雨漏りによる水染みであれば、雨漏りとして申請できる可能性はありますが、通常の染みは補償対象外になります。

この記事のまとめ
  • 火災保険は様々な被害を補償してくれる
  • 火災保険は、自然災害だけでなく、不測の事故も補償してくれる
  • 自然災害による被害でないものは、補償されない